ものすごく微妙な作品
タイトルでわかる通り、
涼風の娘がヒロイン。

キン肉マン二世のように涼風二世というタイトルの方がインパクトがあるような気がするが。

要するに人気作の次世代漫画である。

良く言えばわかりやすいが、
悪く言えば安易でしかない作品。

ストーリーはストレートすぎるほどに捻りは無く進展していく。

問題は主人公とヒロインのキャラ設定。

特にヒロインの風夏は一話目で、

主人公の優とぶつかって激高し即、
優の携帯を地面に叩きつけて壊し、

さらに全力でぶん殴るなど気が短いのか、
母親の血筋が影響しているのか、

手がすぐに出る、
物の言い方が特に優にはNOと言えない、

YESしか選択肢が無い厳しい環境を強いる等、

性格に少々難があり、
好き嫌いがはっきり出てしまうキャラ設定だ。

自分の意見や意思は、
なぜか他のキャラが代弁する、

君のいる町の柚希とは正反対のキャラ設定。

主人公の優も君のいる町の青大とはやはり毛色が違う。

ツイッターに命を懸ける目立たない無臭性サロンパスのような存在。

この両極端な性格の二人が惹かれあう展開になるのはタイトルでお察しだが、

作者の毎度のご都合展開でたった数話でなんか良い感じに。

引き立て役(当て馬ともいう)は涼風の萌果になんとなくテイストが似てしまっている。

全てを総括して見れば設定もキャラも何もかも、

作者の過去の作品をミックスして出し直した感じしかしない。


一番残念なのは、
風夏が母が自分を産むために諦めた陸上競技の道を選ばなかったこと。

素質はあるからと先輩にしつこいくらいに勧誘されていたが、

脈絡も無く音楽を目指す設定も作者特有の思い付きにしか感じられないし、

作品全体に新鮮味が無く、

前作、
前々作のようなヒットを飛ばせるかどうかは微妙な感じがしてしまう。
風夏(1)

その他の感想

初心者向きだが 面白く読めた
画面解像度が下がったのだけが残念です
奇をてらわない真摯な勉強法
The top rubber thing might slide out and get lost.
位置の変わったマイクにカバーの穴が開いていません。
ホントに設定資料だけ(^_^;)
著者の平山令明さんは教育に関して熱い!
値段の割りに大変満足できる商品でした。
Introduction to Geomicrobiology
普通に面白いですよ
日本がリードする世界市場開拓域のひとつに
尋常じゃない鋤の太さがじつに具合がいい
充実してました。
最軽量で縮長も一番短く、剛性、操作性も十分です。
小さめ狭めかもです。
簡単でいい!
確かな手ごたえ
とても、軽いです。
BVDのLLよりいい
好みはあると思うが、個人的にはナンバーワン
煙を最小限にするコツ
発展途上だが夢のある学問分野
たくさん入っていて…
日本の文化ですね素晴らしい漫画だ
よい靴です
『オデュッセイア』を英語で
やっぱり最高マリウスファーブル
道路情報が詳しい
意外とちいさい
トトトツーツ ツートトト
戻る