ヨーロッパの美しい陶磁器の変遷を辿りながら、しばし美術鑑賞を
洋の東西を問わず、
陶磁器の美しい姿は多くの王侯貴族に愛されてきたわけです。

本書は、
そんなヨーロッパ陶磁を古代地中海世界、
スペイン、
イタリア、
オランダ・デンマーク、
ドイツ、
フランス、
イギリス、
中欧・東欧・ロシアの8つのエリアに分けて、
それぞれ時代別に陶磁器の変遷を紹介したものです。


2500年程以前に作成されたギリシア陶器は、
美術館で鑑賞することがありますが、
美しい絵柄は時代を越えて迫ってくるものがあります。

フェルメールの活躍したデルフトもまたデルフト陶器で有名なところで、
鮮やかな藍彩は、
中国風でありながらオランダの意匠が感じられます。

今でも高級ブランドとして君臨しているロイヤル・コペンハーゲン磁器での豪華な金彩色もまたシノワーズ趣味を上手くヨーロッパに取り入れて成功した例でしょう。


ドイツでは、
マイセン磁器を筆頭に挙げなくてはいけません。
白磁の美しさは筆舌に尽くしがたくその繊細で可憐な絵付けもまた多くの貴族を魅了したものでしょう。
柿右衛門風とでもいいますか、
花鳥風月の図案がまた高貴な香りを齎しています。


フランスのセーヴル磁器は、
ポンパドゥール夫人が愛したことにより発展しました。
フランス王家の富の象徴とでも言うべきセーヴルの磁器の華やかな造花は、
18世紀の爛熟した文化を表わしています。


140頁全てに掲載されている陶磁器の絢爛豪華なカラー写真を眺めているだけで気分が良くなりました。
その美しさが如実に伝わってくるようで、
ヨーロッパ陶磁の入門書として最適でしょう。
すぐわかるヨーロッパ陶磁の見かた

その他の感想

在庫限り
第2級ハム国試問題集
チューブと同時交換で走りが軽くなりました。
昭和40年初版ドーナツ盤のCD化
とても実践的な投資手法!ロジックが完成されています!
わかりやすかったです。
すわり心地グー!
高潮から国土を守る
テーマは違えどお使いゲーム
事務作業には良し。倉庫などの作業現場では不向きかも。
マーケットプレイスの販社はやっぱり注意が必要
いつまでも大事に持っていたい一冊
蹴りやすい
カバーだけでも温かい!
手頃な価格で良い品だと思います。
自分のバイク教本代わりにかいました。
まだまだ現役
コレはお勧めできます。
流行?
ふぅ
注目すべきはヒャダイン
お薦めの本
画像の物とは違うもの。
大興奮
数あるクリップオンストロボ対応ディフューザーの中でも、良い製品です
大迫力!
はきやすさグッド!
価格以上の満足度。ただし通電しっぱなしなので注意
白髪染めの明るいブラウン
懐かしのメロディ
戻る