「イスラム国」の成立経緯と現状への提言.
本書はこのページの上の「商品の説明」にある通り、
「『イスラム国』……誕生した背景、
集結する人材、
その目指すところなど」を趣旨とする論考3本からなり、
「イスラム国」の成立経緯、
組織の本質、
拡大の要因、
「米国を中心に空爆が行われている」現状など、
後手の対応と組織態様の予断など批判的に論じつつ諸国のあるべき対処を探るものと言えよう。
3本の論考は各趣旨は異なるものの、
概ね周辺国を含めた欧米諸国などの「イスラム国」に対する予断と対応の遅れの批判的視点に立っているが、
現状からすればある意味で結果論である。
殊にイラク問題後のアメリカの撤退、
「アラブの春」などの中東の変革、
イスラム諸国への欧米の軍事介入の反発、
シーア派とスンニ派の複雑な宗派間対立と連関など、
言うほどに容易く解決できるものではないということも斟酌すべきであろう。
かかる点に些少ながら注目しているのは、
「世界80カ国から集まる戦闘員 『イスラム国』は空爆国が育てた」と題する高岡氏論考である。
右論考は、
「イスラム国」の成立・拡大過程をイラクからシリア紛争への介入において分析的に論じつつ、
「アラブの春」以降の中東諸国との複雑な利害関係、
支援事情等に言及している。
著者は「『イスラム国』のための資源の調達が、
各国の不作為の下で拡大」としつつも、
「焦点となる諸国はトルコ、
湾岸諸国、
チュニジア、
リビアなどであり、
ここに、
シリア、
イラン、
イラクなど上記の諸国と利害が対立する国々といかに連携するか、
という難題」と、
中東諸国の複雑な利害関係と対策の難しさを指摘しているのは見逃せない。
「イスラム国」の正体 なぜ、空爆が効かないのか Wedgeセレクション No.37

その他の感想

満足すぎて余韻が凄いです
パズルのピースが合わさっていくかのように
北海道日本ハムファイターズ
菅原文太氏よ、永遠なれ
LPレコードのデジタル化に利用
これ1冊でOK!
効果はひとそれぞれのようです
SONY MDR-A1と比較して
図が多く、分かりやすい
ちょっと重いけど
I like it very much.
私は10年来のお付き合い。ベルクの本!
この本を通して何を伝えたいのか
不動明王の「慈悲の怒り」を現したダライ・ラマに、実に新鮮な印象を受けた
んー見間違えた自分が悪いな。
夏のゴルフ時の日焼け対策用に
びっくり!!!
ショップにて
再びガッカリ
意外に快適です!
自分にはエビオスよりも合っていた
新規格は試してませんが特に問題ないです。
北海の熊さん
小型で実用的です。
シルバープリンターブル…仕上がりに期待しています!
音は最高!
学生たちがしゃしゃりすぎ
カスが残るみたい。
公務員試験で使ってます。
クリエイティブなアウトプットを出す論理的思考に興味がある方におすすめ
戻る