火星の人類学者
オリバーサックス博士の著作はどれも興味深く感動的な佳作ばかりですが、
本書はその中でも白眉といってよい作品です。

脳を病んだ人々の症例紹介(彼らへの善意と愛のある)という形式は博士の他の著作とも共通しています。
しかし他の書はややもすると著者の意図とは離れ、
そのような患者への興味本位や憐憫をもって世間で読まれた面があったと思われますが、
本書ではそのような障害を持つ彼らを通して人間の存在価値までも考えさせられる内容になっています。

特に表題の“火星の人類学者”と自称する自閉症の女性学者の話は、
本当に心に響く内容で、
人生に大切な事を考えさせられました。
愛情や感情がほとんど欠落しているという彼女は、
しかし知性が非常に高く自分をコンピュータに近いと自覚しています。
そんな彼女が最後に博士に話す心の叫びは、
私たち全ての人間にも共通した問題です。
私は読んで泣きました。

サックス博士の本に興味があるタイプの方なら、
絶対に読んで損のない一冊です。
火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者 (ハヤカワ文庫NF)

その他の感想

これまでの中で一番「友撮性」の高い一冊!最高作!なんだけど最終作!
待ってました!新生 ClariS の第1弾シングル!
本物には愛が
棚のサイズが…
続編とは思わないほうがいいかも
kindle版イラストの収録方法はもうちょっとどうにかならないものか
仕切りが足りなくて
当たり前だが映像は進化している
真冬の3時間くらい楽勝
ライフリー
ライトはとても良いです。
持ち運び用ファイル庫として使いやすい
最高のオーパ!
根気と気力が…
コード検出率は80%くらい
何度も作らないと上手になれません
少々苦労しました
金具が…
物価の高いスイス製原材料使用なんですね。
いいです。。o(^o^)o
すっごく!!
教科書より良い記述
素晴らしい本! 流石!血管エコー職人
連続して不良品
値段の割に薄いけど。
耳の練習
使っていません。
ロジクール(旧品)と比較
EOS-Mにぴったり
ありそうでない商品
戻る