途中までは面白い
前作もプレイ済みです。

今回もストーリーの大半は面白いです。
特に特務官(外交官のような職業)である主人公が周囲と腹の探り合いをしながら交渉していくところは読んでいて飽きませんでした。
暁の護衛の海斗とはまた違った優秀さを持っている主人公の活躍はよかった。


 ただ有る意味予想通り(?)の中途半端な終わり方ですね。
このライターさんの作品は突然エンディングに入るのが芸風(?)みたいなものですが、
仮に今回が完結編だとするならば消化不良と言わざるを得ません。
OPムービーに主人公と恭一(=海〇)が並び立つような描写がされていたので、
双方の活躍が見られるのかと期待したのですが、
恭一に関してはアフターストーリーのみの登場でした。
彼とキズナの過去については前作から結構主軸に深く関わってくるような伏線の張り方がされていただけに投げやりな印象です。
アフターストーリーも短くとってつけたような印象。
FDとしてならありかもしれませんが、
それでも短すぎると思います。


 それに読んでいて不快だったのは家での主人公の扱いです。
普段主人公が他のヒロイン達からボロクソに言われるのは暁の護衛の頃から変わりませんが、
それは本来優秀な主人公がそのような汚名を覆していくから面白いのであって、
そのヒロイン達を見返すこともなくただ言われっぱなしで終わるというのは不快でした。

 暁では海斗がほぼチート的な能力をもっており、
いくら周りに散々に言われたとしても彼流の面白い返し方と主人公らしい活躍を見せてくれるのでいくら酷い扱いを受けても読み手としては溜飲が下がる思いをすることができます。

 しかし今作の家でのシーンはメインストーリーに全く関係がなく妹やアクセラから彼女が出来ないだの無能だの寄ってたかって馬鹿にされるだけです。
話の主軸には一切登場しないキャラ達が終始主人公をディスるためだけに登場するというのはどうなんでしょう?近年意味も無く主人公がヒロイン達から人格を否定されるような発言ばかりされる作品が多いように感じます。
主人公が仕事している以外のシーンはオールスキップしてしまいました。


 序盤から中盤までは間違いなく面白いんですよ。
でも結局散りばめられた伏線が回収しきれずに終わってしまう。
レミニセンス Re:collect

その他の感想

かわいいけど落ち着いた感じのワンピースです。
打ち切り感がすごい。
ほぼ満点ですが
韓国ドラマ
生物の形と模様は不思議だなー、では終わらさない。
超まんぞくぅ〜〜‼︎
とても丁寧な素材集です。
曲数豊富。コストパフォーマンス最良。
今一使えませんでした。
お気に入りの一枚
5個注文し2個不良?
使用感が出ない
香りがすぐに
日本製は信用できます
近頃半田が減りません
味は菜の花ハニーより美味しいよ!でも、ピロリ菌は減りません
umarex G36Vに取り付けました
いいねこれー
小さいながら、最高の資料です
喜んでもらえました!
カーキ&オレンジ?
ボリュームは可もなく不可もなく
35リットルのザックなのにコンパクトにもなります。
ダグラムプラモ好きに送る魔道書(グリモア)
良い部分も悪い部分も期待通り 満足です
今までにない 数学を「感じる」本 !!
ボリュームが凄過ぎる
熱で歪みます。
効率的な勉強法
針金アンテナからの交換 すごく良くなりました ※追記あり
戻る