我々が納めた税金を食い荒らしているのは誰だ
『タックス・イーター――消えていく税金』(志賀櫻著、
岩波新書)を読んで、
税金を貪欲に食い荒らす輩に対する激しい怒りが沸々と湧いてきた。
税金を納めるのは国民の義務と弁えて、
私たちは重い負担を我慢しているというのに、
特定の連中にこのように勝手なことをされては堪らない。


明快な論理展開で、
タックス・イーターの正体がじわじわと炙り出されていく。
タックス・イーター――消えていく税金 (岩波新書)

その他の感想

Live DVDよすぎます
足置きはビミョウ
簡単に交換可能でした
数と数式〜ラプラス変換まで、明快な日本語で解説、これならわかる(きっと)。
短時間使用がおすすめ
Type-Cコネクタ採用の物が欲しくて。
なにこれ!
小さな専門書
昔なつかしい
コレはお勧めできます。
なぜか、何にでも合う、不思議な食べ物。しかもすごい密度。なんじゃこりゃ。
リピート買いです。
やいやい
サラリーマンエグゾースト。
言語を分析することに興味がある人に
酸化膜ごと剥がすのかな?
赤ちゃんの見守りに!
広告内容とのギャップに驚き
違います
すっきり。
版型小さい、内容が美術設定に偏っている。
情報の結節点に位置すること、そのことが自らの権力(又は権威)基盤となる
最後の最後にすべてをぶっ潰した問題作(ネタバレになるが)
基本を学べました
ガス発電機のいいところ!
母乳量を知るのにも
かなりい作りはいい
う〜ん・・・
歴史を変える本
オーソドックスな現象学入門
戻る