カエサルへの片思い
この本は本当に色々な読み方が出来る。
ローマ歴史の入門書として読む歴史好きの人もいるだろうし リーダーのあり方を読む経営者もいるだろうし、
ローマを舞台にした叙事文学を読み取る文学好きもいるかもしれない。
但し 小生が一番感じるのは これは確信に満ちた独断だが 著者塩野七生のカエサルに対する熱烈なラブレターである。
当代随一のクールで洒落た文章家の彼女にしても 熱情が時として溢れ出すことを止められない部分が散見される。
そんな意味で これは 著者が主人公を愛しているという 時代を超えた片思いを描く 純愛文学です。

これほど 色々な読み方が出来る本は知らない。
万人受けする一方、
これは自分の為に書かれた本ではないかと思わせる。
一読を勧めます。
ローマ人の物語〈11〉ユリウス・カエサル―ルビコン以後(上) (新潮文庫)

その他の感想

小林賢太郎さん目当てだったけど・・・
値段相応、だけど、質感、着心地が気に入りましたので、星は4! 正確には星4.5 です!!
スリムで良い。
おー
お値段以上の価値は、絶対にある!
貫禄の一枚
一袋じゃ足りない
勝負は時の
誰が何と言おうとFTGTは素晴らしい!
ビューティフォーの一言を贈ります
ポケットが使いやすい
少し硬め
くしとしてなら、、、
子供に返って
節分お化けの仮装にぴったり!
高級感のあるブラック
テクノジェルピローを買うなら必要でしょうか
まさかの製品化
はきやすい
カラー表示で見やすく楽しい気分
書道の本
タイツはこれと決めています。
インク交換表示が出てからでも全然大丈夫。
これの他に、1冊ちゃんとした書籍をお求めになることをお勧めします
剃った後の肌の感じはかなりいいです
4月号と一緒に買いました.
はまりました
やめられない止まらない。
地球旅行 アフリカ
夏に最適サイズとか。
戻る