あの頃、CAR MAGAZINEにあった奇跡。
CAR MAGAZINEという老舗雑誌の、
ほんの一瞬、
そう、
2年間くらいの時間、
本書の著者である沢村慎太朗さんと、
齋藤浩之さん、
渡辺敏史さん、
森慶太さんに加えて、
当時、
編集長をしておられた中尾仁さんが、
座談会形式で新車の評論をする、
「車会」という連載(かな?)がありました。

(時々、
内藤毅さんもいらっしゃいました)

皆それぞれに嗜好が異なり、
車歴も異なる方々が交わす言葉が本当に楽しく、
興味深かった。


こういう人達(何故か、
皆さん先輩に思えてました)のクルマ談議を、
ワクワクしながら聴いているような、
そんな時間を、
毎号楽しみにしていました。


そんな、
今から思えば奇跡のようなメンバーも、
今はそれぞれにご活躍の場を移され、
沢村さんは、
本書で第8巻を数える「独り語り」を聴かせてくださっています。


「困った話」というタイトルの一編では、
いわゆる「ミニバン」と総称されるカテゴリーについて、
クルマ好きなればこその、
何とも悩ましい、
「困った」気分が、
言葉になって記されています。


他にも、
冬の夜、
車に乗って「どこか」に走って行きたくなるような、
静かな疾走感(重いものもあるけど)のある文章が綴られています。


メールマガジンとはまた違う、
少し手触りの粗い紙のページを開いて読み進む、
車好き&本好きにとって、
ちょっと佳い本だと思います。


あの一瞬のCAR MAGAZINEを覚えている人も、
そうじゃない方も、
如何でしょう?

静かな、
冬の夜のお供に。
午前零時の自動車評論8

その他の感想

古いノートPCのSSD化に使用
丈が短い、25cmの足ではずり落ちる
寒青〜美しい男性(ひと)の生き方
可愛くてキュートな徹子さんが満載!
ネタがないネタニアフ
ダメ
プレゼント用です。
とても素敵!
旧モデルに
中身が充実
安くて楽しめる
クッションが入っていて楽です
カラフルで気に入りました
KVMでの使用はできず
履き心地が良いです。
殆んどの機種に使えるのでは?
値段の割になかなかいいものかと
まあ、かわいい!
細かいところが気になるもので
使ってみると便利です!
やや丸め
前巻より大人目だが、意味がある一巻。
贈答用として
大河ドラマも折り返し地点
ソフトフラスク150mlにちょうど
郵便局員さんの手を煩わすので
敢然と立ち向かうも謙虚な姿勢
母乳のために
一人用としては大容量かつ小型で必要十分
まま
戻る