伝説のチェスプレーヤーの生涯
伝説のチェスプレーヤー、
ボビー・フィッシャーの生涯に迫った力作です。

フィッシャーが世界チャンピオンに上り詰めるまでの天才的な努力の半生と、
謎の多いその後の破滅的な半生とを、
まるでチェスの白と黒の駒のように鮮やかに描き出しています。


少年時代、
チェスの本を片っ端から図書館で貪るように読み耽り、
チェスの戦術や棋譜を恐ろしいほどの集中力と記憶力で脳に刻み込んでいく情熱や執念。

チェスクラブでの早指し対局に明け暮れたフィッシャーの少年時代は、
本書の解説を書いた天才棋士の羽生善治さんの少年時代とも重なるエピソードが多い。


チェスの研究とラジオに没頭した青年時代のフィッシャー。


それは、
自分の内側に向かって内面世界を深く孤独に究めていくような作業であり、
それらが外の世界に向かっていくときに、
チェスの世界では、
対局で敵を完璧に打ち負かすことへ、
世間やまわりの人間に対しては妥協のない要求、
そしてそれが「裏切られた」ときの尋常ではない嫌悪と攻撃になって表れていったのかもしれません。


結果的に、
さまざまな面で妥協を知らない、
アンバランスで時に破滅的な人生を送らざるをえなかった伝説のチェス・プレイヤーの生涯の物語は、
チェスを知らない読者をも惹きつける輝きと痛みがあります。


チェスを知らない私も、
チェスのルールを覚えて、
フィッシャーが13歳のときに指した「クイーンサクリファイス(クイーンを捨て駒にした大胆な戦術)」による世紀の一局や、
ソ連のチェスプレーヤーと戦って世界チャンピオンになった対局の棋譜を並べて、
そのなかに、
フィッシャーの人生の息吹を、
言葉だけではなく盤面で感じてみたいと思わせる、
そんな一冊でした。


実在の人の評伝なので、
もっと写真が多くあればよかったと思いました(なので☆4つとしました)。

youtubeにボビー・フィッシャーの映像がたくさんありましたので、
そちらもご覧になると、
なお、
楽しめると思います。


ご参考になりましたら幸いです。
完全なるチェス 天才ボビー・フィッシャーの生涯

その他の感想

パールホワイトではなくただの白
死を賭してまで守るものは何かについて考えさせる小説
材質が驚く程手触りが良い
バッチリデス
YZF-R1 2011 で使用しています
よく切れるが小さ過ぎる
やっと手に入れました。
使いやすいそうです
勉強用レイアウト本
よく落ちて異臭がない
百貨店でも
ザンクローメタリカ・ビスコが見たいなら
まろやかになります
ストロボを固定する
期待通りの拭き取り能力
入れ食い!
接着が弱かったのでしょうか?
気軽に足湯できる優れ物
ややイマイチ。
痛いです
ケアレスミスっ!!!英語音声の不備っ!!!
メディアに登場する有名人や専門家を厳しく監視しよう
ゲームのレビューではなく商品のレビューです
初心者から上級者にまでお勧めできる商品。ただし定格時間には注意。
1回で受かりました。
そう特別な内容はありませんが
不良品がある。
頑固な汚れを楽に落とせる
スッキリ合いました
大人だけで試しに遊んでみました。
戻る