水俣と地下鉄、水銀とサリン
この書籍についてのレビューは以前に一度書いたけれど、
もう一度書き直さなければいけない。

僕は以前オウムに出家していたことがあって、
この本がいろいろなことのヒントを与えてくれているにもかかわらず、
それをうまく表現できていないのが気になっていたのだ。

この本にはオウム真理教の教祖、
麻原彰晃こと松本智津夫の実兄とのインタビューと、
著者がかつてインドを放浪したときのことが書かれている。
この本の内容はとても重く、
ある意味普通に生きていたら考えないですむけれど、
実は一番大事かもしれないことだ。

この本で著者は松本智津夫の実兄、
松本満弘氏(故人)から、
少年時代に智津夫が手足のしびれを訴えたことや視野狭窄から、
水俣病の患者として登録してもらうための申請をしたことを明かされている。
満弘氏が八代の海で釣ってきた魚を、
食いしん坊の智津夫がよく食べていたので、
自分にも責任があると思っていたようだ。

地図で見てみると、
八代市も水俣市も八代海に面した海岸沿いの町だ。
間に芦北町があるが、
市の中心部同士で見ると東京駅と立川駅くらいしか離れていない。

だれもが学校で習ったと思うが、
水俣病は日本で最初に知られた公害病で、
有機水銀が食物連鎖により、
人体に蓄積されることから起きる。
特に水俣の場合は工場排水から、
魚介を経由して人体に取り込まれたとされる。

水俣病のことはよく知られているが、
その病人の数もいまだに分かっていない。
患者の発生から50年、
原因の特定から40年近いのにである。

原因の追究も責任の特定も、
賠償のための調査もなかなか進まないのは、
水俣病の原因物質を排出していたチッソ水俣工場が生産していたのが、
日本の発展のために欠かすことのできなかったアセトアルデヒドだったからだ。
チッソはいわば国策企業として、
国の保護の下、
日本の工業化に大きく貢献した。
しかしそれが公害物質の排出の長期化、
大規模化をももたらした。
それに、
それまで経済的に貧しかった水俣市民にとっては、
労働や顧客を連れてきてくれるチッソの存在はありがたいものだった。
もしこれが単なる一企業の垂れ流しが原因なら、
問題の解決も早かったのだろうが、
官・民の利権が絡んだ構造が、
地域住民の生活をも支えていたために、
患者自身が泣き寝入らざるをえない空気を生み出したのだ。
黄泉(よみ)の犬 (文春文庫)

その他の感想

今までで最高の一品
アイスクリーム屋さん
機能限定で、混信を避けて通信が出来ます!
とってもきれいでした。
レビューを見て買いました!
テレビ音声をBluetoothで飛ばせる。
コ・ス・パは大変良いです
オーストラリアで大活躍
色々な人生のドラマを感じた映画
スカル好みで購入!(笑)
論理関数をわかりやすく丁寧に説明されています
フォトアルバム収納
たいへん良くまとまっています
コストパフォーマンスが高いモデルと思います
鴨ざる・鴨せいろにすると大変美味しい
「フレンチ・コネクション」を凌ぐテンションに只々唖然とします。
始動性に変化が
打鍵感が殆ど変わらない優れもの
洗礼を受けた同志社神学部時代が佐藤優氏の飛躍点
異色のサーバー入門書
無駄吠え防止コレクター
中身も付録も満足
いいモノだとは思うが、品質には問題あるかと…
It is heart-warming,Charlie Brown!
趣き
はき心地、脱着のスムーズさ最高!!!
プラスドライバー No.0000が必要な場合はこのセットが良い
継続すればわかります。
こんな日本人がいたんだ!
「初心者でも大丈夫」につられると金を無駄にします
戻る