胸を打つ、珠玉の手紙
「車輪の下」で有名なヘッセの、
少年期から、
老年期までの手紙を厳選して紹介しています。
とくに最初のほうの、
学校を中退したヘッセがいろんな仕事をしながら独学で自分を鍛えていく箇所は、
感動的です。
ひとつひとつの手紙がそれほど長くなく、
しかもとても読み易く編集されているので、
ヘッセの小説を読んだことがない人にも、
お勧めデス!
ヘッセは、
ひとつひとつの言葉に心がこもっていて、
いいですねえ。
ヘッセ 魂の手紙―思春期の苦しみから老年の輝きへ

その他の感想

大きく重い
価格はとても安かった・・・
プレゼン用に
サイズを見て買ったのに…小さすぎて(/ω\)
名前の通り便利です
求めていたスピーカーでした
被災地
謎解きと耽美的な世界が見事に融合した中期を代表する作品の一つ
アイテムを除いた評価
携帯するには大きいサイズ
存在感のあるコテをスッキリ収納することができるようになりました。
自転車のUSBライトのバッテリーに
指紋が取れやすい
辛口かつ長ったらしい批判です
軽くて気やすいです
俯瞰的あるいは立ち位置を変えて眺める重要性
蛭ヶ小島の北条政子との夢が実現した日
米国の「弱 い 大 統 領」の残り2年間に日本が採るべき「安 全 保 障 政 策」.
安い。
サドなのに
汗かきにはなかなかです。
裏テーマは十二夜!
実用に問題なし、ゲームも
翌朝チャックが壊れました
着回しが効きそう。
恋愛小説では最高の部類。タイトルも秀逸
繰り返し学習に最適
中・高校生の予習・復習に最適!  経済学的な考え方を確認できる!
ハリーとエマは病院に急ぐ。息子セバスチャンは交通事故で死んだのか、それとも・・・50年代から60年代へ向かう二つの家族をめぐる<愛と復讐、希望と裏切り>の物語。
年配にも似合います
戻る