酒が飲める飲めるぞう♪酒が飲めるぞう♪
オーストラリアの田舎町で、
小学校の教師を務める男(ゲイリー・ボンド)が、

学校がクリスマス休暇に入ったので、
鉄道で恋人の待つシドニーに向かう際、
途中下車した、
小さな町。

何故だか皆目分からないが、
彼は、
町中上げての歓待攻めに遭う。

すなわち、
朝から晩まで酒場でビールを飲み、
夜には、
その酒場が硬貨の表裏を当てる単純な賭博場に早変わり。

本邦ではクリスマスは冬だが、
オーストラリアでは夏だ。

ゆえに酒場は、
常に、
酒と吐瀉物と小便の臭いと、
体臭とが入り混じり、
むせ返るような臭気を放ち、

当然ながら臭気に誘われた何匹もの蠅が飛び回っていて、
不衛生極まりない。

酒場は、
常に男どもの下品な笑い声で充満し、
いつしか彼も大声で笑いながら、
ビールを飲んでいた。

彼は、
たちまち持ち金を失うが、

「気にすんな、
あんちゃん、
取り合えず飲もうぜ!」
と、
男たちは、
どこまでも陽気で、
鬱屈がない。

連日の自堕落な生活が、
彼から自制心を奪い、
堅気からダメ人間へと転落して行くのが分かっていても、
どうしようもない「恐怖」。

目覚める度に、
二日酔いの頭痛と「このままではいけない」という「危機感」という名の「恐怖」が襲ってくるが、
最早自分では手の施しようがない。


そして町の男どもが、
彼をカンガルー狩りに誘ってくる。

食用ではなく、
単にカンガルーを面白半分に狩るためだけの「狩り」。

彼の感じた転落する「恐怖」は、
まだ「序の口」に過ぎなかったのだ…。


原題:WAKE IN FRIGHT
邦題:荒野の千鳥足

オーストラリアと聞くと、

カンガルーとコアラの住んでいる風光明媚な国、

不思議な岩場で少女たちが神隠しに遭う国、

モヒカン頭がガソリン目当てに襲ってくる国、

という印象を受ける筆者の想像力も大概だが、
本作品の内容も大概だ。


本作品の邦題を見て、
飲めば飲むほど強くなる、
ジャッキー・チェンの「酔拳」の如きガンマンが登場する西部劇を連想されるかもしれない。
荒野の千鳥足《痛飲エディション》 [Blu-ray]

その他の感想

ラップがつかない!
使い方に注意が必要。
娘の防犯ブザー
素敵なレシピ本ですね。
これだけ?
終わりなき世に生まれつく
ボックスは絶対にお買い得ですっ!!
少し小さい。
過去3年分は必ず解くこと
楽しく焼き鳥が出来ますよ。
一度使うとやめられない
サンキャッチャー
美味しい!
価格以上の出来です
シンプルで上品
効果があると思います。
すごくおもしろい
SACDらしい高解像度の音です
デザインはいまひとつですが、使いやすいと思います。
柔軟な発想ができる天才ビートたけし
可愛すぎる♡
昨年11月から使ってます
「資本論」エッセンスの詰まった良作。
デザインパターンを解説する本家本元
十分満足してます。
飲み始めてから2週間位で目がスッキリしてきました
手芸に使用しています
1週間でひととおり
ハートの風船が活躍
読めないけど愛読書に(笑)
戻る