吹き替え版について
映画の内容は皆さんが詳しく描かれてるので、
今さら書くこともないでしょう。

待望の吹き替え版収録とは言え、
もはや伝説の水曜ロードショーバージョン(滝田、
北村、
桶浦)でないことは残念。

しかし、
おそらくは、
今回のボイスキャストを選んだ人も、
上記吹き替え版のイメージが頭にあったことでしょう。

谷口、
内海、
堀内三氏は、
キャストとしては声質もそれぞれ似せており、
役柄のイメージにはぴったりです。


日本語完全吹替え版としては、
申し分のないものだと思います。

特に故・内海賢二氏の吹き替えは絶品で、
口の動きとセリフがぴったり合っている! ブレスの入り具合まで完璧です。

まるでロバート・ショーが日本語を喋ってるようにしか見えない!! これはもはや貴重な名人芸の記録であり、

この吹き替えを収録されたこと自体、
このブルーレイには文化的価値があると、
言っても過言ではない。

昔の吹き替えに愛着を持つ人の気持ちはよく分かりますが(私とて同感です(^^))、
初めて日本語版に触れる視聴者の方には、

これも十分に魅力的な仕様だと思います。


ただしセリフの翻訳台本のセンスが、
やはり旧テレビ版の方が圧倒的に良い。
今回の吹き替えは、
かなり直訳に近い、
愚直な翻訳が
行われており、
聞いてて、
なんだか堅苦しい感じがするのが残念です。
旧版では、
セリフのつながり、
会話の活きの良さを追求した、

なんというか程よい「意訳」がなされており、
訳の正確さよりは、
結構傾(かぶ)いたセリフ回しで、
聞いてて本当に感情移入できたものでした。
テレビ放送時の録音が手に入らなかったとすれば、
せめて当時の台本をもとに再録音されれば、
文句はなかったですね(^^;)

とはいえ、
私も、
いずれは「テレビ放映版吹替え」の収録を期待したい気持ちは変わりません。
そういう仕様のバージョンが出れば、
文句言いながらも、
結局買っちゃうんだろうなあ、
とは思いつつ、
少々気がかりな点も一つ。


実は、
テレビ初公開時に「ノーカット」と謳って放送していましたが、
実際は、
2か所ほどカットされているシーンがあったような気がするのですね。
ジョーズ [Blu-ray]

その他の感想

手を握りあった二人のこれから。
良好な装着感。
競合他社製品はあるのでしょうか?
愛と希望に満ちた教科書!
ホントに怖かった。
予想通りの商品でした
きれいだが・・・
可愛いカレンダー☆
100エピソード記念盤
記載されていることと矛盾している。
Goodです
編集が残念
たのしい!無邪気な気持ちになれるインテリア!
デュプロとの互換性ばっちりです!
パッドの色が黒。そして粘着力が強い。
ノズルからの液量調整がやりやすい
伸縮性がない。
情報の品質は、
ファッションに違和感があります
三歳、四歳児の知育にピッタリ
コスパがよいナビ(レーダー機能、抜け道案内、車両情報など)
やっぱり,名作を鑑賞すると安心する。
5種セット6,480円+ステッカー
イチゴじゃないし。
岸辺露伴は動きまくる
指紋認証がめちゃくちゃしやすい!
神社に参拝して開運したいという方へお勧めの一冊
設定(他サイトより転載)
無線だからコードが邪魔にならない!しかも高音質!
白入りでした
戻る