たいへん勉強になりました。
この書に述べられていることは、
まさに、
バイリンガルでない純粋コテコテの日本語だけで生きてきた日本人が、
仕事で英語を使うためには、
どうしたらよいのか?その極意であり、
無駄な記載は一切ない。
なので、
この著者のベクトルと同じ方向で英語の達成を求めている人には、
絶好の指南書です。


ただ。
著者は、
世間一般のヒトではない。
ことわっておくが、
フツウじゃない。


ソフトバンクで孫社長に秘書としてべったり密着して、
24時間?超過勤務のハードスケジュールのなか常に英語を話す必要に迫られた人であり、
東京大学出身です。


ここまで、
英語の必要にガチガチに厳しく迫られた社会人は、
少ないはずだし(いくら外資系秘書でも、
孫社長ビッタリよりも暇でしょ?)なにより、
孫社長が著者の英語力を事前に調べずに秘書に雇い、
いきなり、
事前の打ち合わせなく、
重要な海外での英語プレゼン会議に同行させた人物ですから、
英語以外の、
能力も凡人ではありません。

筆者は、
自分を凡人だと述べていますが、
それは、
孫社長と比較して・・・という話で、

まず、
東大出身であり、
孫社長が必ず海外交渉に同行させ、
英語で交渉を任せた逸材である。
という前書きを抜きに
「1年で必ず、
英語はマスターできる」と言っても、
万人向けの指南とは言いがたい・・これも、
事実です。


そういった著者の個人的事情・・・番外編的特例を除外しても、
本書は、
非常に優れた指南書として価値ある存在です。


筆者は、
孫社長に任された海外業務、
とくに、
外人と英語でプレゼンし相手を説得せねばならない。
この
準備に、
毎晩、
A4一枚に収まりきる下書きと、
単語、
そして、
簡単なプレゼンフレーズを暗記。

毎回、
この下準備と、
実演(プレゼン)、
そして、
本番でのアドリブ(まあ、
事前の質問は完璧な英語で、
入念に準備しイニシアチヴをとり)・・・を、
毎日、
毎日、
繰り返している、
こういう必然に迫られた人の英語が、
伸びないはずはないと言えます。


さらに、
毎回が、
英語での交渉ですから、
ぐだぐだ話すことは厳禁。
いきなり、
ずばっと本論だけを、
最初に述べ、
そこから、
その理由を
重ねて相手を説得する。
海外経験ゼロでも仕事が忙しくても「英語は1年」でマスターできる

その他の感想

沢山入っていて、家族向けに良さそう
最安で最短の到着‼
地図だけだったらこれがいちばん便利で安い
内なる世界への実践的手引書
防水じゃないのか。
最悪、新品なのに状態悪し
丁度良い重さ
サイズ違いでリピート購入です。
一言で言って名著
折り紙大好きおばさん
シンプル & クリーン
超訳???
日本発の新しいERスタンダード本!
諸子百家にとどまらず幅広い思想をカバーしている
手帳にぴったり
信頼の国産工具
仮設で使います
デザインは可愛い!
長さが合い満足しました。
あなたはどんなキャッチボールをしていますか?
炭酸の中で一番!
自分にとっての全部入り
鋭く、頑丈
任意組織の印鑑といてはおすすめ。
バルコニー、ベランダ、テラスといろいろあるけれど。
グッと❗
いいんじゃないかな・・
ヴェスペリア好きは聴くべき
バイクキャンプに最適
断熱効果大です!
戻る