続編にふさわしい出来
※2年2学期開始時点でのレビューになります。

※1、
2、
4、
5、
brosプレイ済み

☆評価点

・もっさり感を逆手にとった、
ド派手で豪快なバトル演出(筆者イチオシの評価点)
喧嘩番長シリーズに限らず、
この手の作品はどうしてもバトルがもっさり気味になりがちである。

だが、
本作ではそれを逆手に取り、
マンガのような擬音や画面揺れを大袈裟に使う事により、

「一撃の重み」や「敵をぶっ飛ばす」といった感触がビリビリ伝わってくる点に関しては見事。

後述する「不良漫画の王道そのもののストーリー」「技のカスタマイズ要素」を兼ねそろえた本作との相性は抜群であるため、

実際に操作をして敵をボコボコにぶっ飛ばす爽快感は今までのゲームの中でもトップクラスの手ごたえを感じた。

また、
擬音がジャマだと思う場合、
オプションで擬音を消せる点に関しても評価したい。


・「不良漫画」の色がとても濃く、
王道ながらも熱い展開
今までのシリーズでは学園モノといった要素はイマイチ足りなかったが、

本作ではそれらの反省点を踏まえたのか、
ストーリーが不良漫画の王道そのものの内容になっている。

流石にテンポこそ早いものの、
シリーズの中で高校生活"らしさ"があるのは、
おそらく本作だと思われる。

ストーリーで語られる高校生活三年間の中で、
主人公が個性的な仲間達に囲まれて成長していく点は必見!

・進化してかえってきたシリーズ恒例のやりこみ要素
伝説(他の作品で言うトロフィー的なもの)、
技や服装のカスタマイズ、
アジト、
多彩なミニゲームは本作でも健在。

また、
技に関しては5やbrosと違って、
レベルアップによるステータスの割り振りで習得していく形になっているため、

運に左右されたり、
作業感がなくなった点に関しては個人的によかった。

しかもレベルアップ自体もサクサクなので、
技が覚えられなくてヤキモチ…なんて事態にもなりにくいのも○。

(しかし、
ステータスの割り振りによっては、
特定の技を習得できない、
ということでもあるが)
喧嘩番長6 ソウル&ブラッド

その他の感想

退屈から逃げない
レビューに不自然さを感じるのは私だけでしょうか
概ねよいが・・・
冬の旅行
小麦入りでした…
8年ぶりの新譜!
超可愛い短めネイル本
安心度、取り付け簡単は昔ながらですね。
MT-09に♪
高校生の時によく聴いた懐しい曲
BT化の為改造用に購入
必要な物は一通り揃っています
ダイエットに最適
ロホ&アコスタ&ヌニェス〜〜!
大容量で高性能
買って損はないが、改良の余地あり
コスパに優れています
ちょっと違った使い方をしましたが、満足でした。
確かに変わる。
表紙に惹かれ。。。
シールドレッシャー欲しさに
この売り方ははちょっと・・・
エラーが多い
求めていた使い心地です。
結構良いと思いますよ~♪
こみ上げてくるものを幾度も感じた
背中を見せて待つこと
手軽に雰囲気作り
抜け毛&絡みのケアは必須:後日洗ったあとのレビュー追記
大前研一氏の珠玉の名言集
戻る