次のバイブル
1200ページを超える大部の1冊。

本書の著者は、
Bjarneしか表には出ていませんが、
共著者として、
Lawrence”Pete”Petersenが紹介されています。

ただ、
Peteは残念ながら2007年に故人となっています。

本書は大学初年度のビギナー向けに書かれていますが、
プログラムを組むということの基本的な考え方からその実装まで、
非常に丁寧に書かれています。

コンパイラの環境は、
GCC3.4.4とMS VC++2003、
2005がターゲットになっています。

邦訳が出るのはいつになるのかわかりません。

プログラミングに関するBjarneの哲学に原書で触れてみるのはいかがでしょうか?
全ページカラーです。
Programming: Principles and Practice Using C++ (Developer's Library)

その他の感想

一連の流れが分かります
自己紹介がこんなに変わりました!
無事に到着
とてもよい感じ
孫が欲しがっていた物です
俺はこいつと旅に出る
登山医学のテキスト
ハイフェッツ以来の快演
今まで知る事が出来なかった・・・
エンターテイメント⁉︎
いい意味でフォースターらしくない
ヨーロッパを照らす鏡
息子のクリスマスプレゼントに
我が家初の観葉植物
盆栽や庭木&屋外で使用しても長持ちします
英語はツール
定期便なくなっちゃったんですね・・・
なかなかわかりやすい
8年遅れでやってみました。
中国製 フタロシアニンメディア
すぐ乗り越える
ゆったりサイズです
割とシッカリしている
Cute and the material is ok
安くても一人前!
録音もよしバンドも旨し、声良くて、美人かどうかは定かではないけれど、大好きなアルバムと出会えたことに乾杯
神対応にド肝ぬかれる!
普段使いには十分です。
コーヒーミルに使用しています
朝の太陽と仮眠をどう味方にするかが課題
戻る