「復讐の女神」と化して犯人に立ち向かうマープル
マープルがセント・メアリ・ミード村を離れ、
西インド諸島でのバカンス中に事件に遭遇するという楽しい設定。
ホテルの滞在客を村の人々に見立てるのもマープルらしい。
高級観光地の客も村人も、
人間性の上では普遍的という首尾一貫したマープル物の趣旨が如実に出ている。


発端は客の老少佐の死。
少佐がマープルを相手に昔の自慢話をしている際に殺人の噂が持ち上る。
ところが少佐が殺人犯とおぼしき人物の写真を見せようとした瞬間、
マープルの背後を見てその写真を元に戻してしまう。
そして、
その晩に少佐は自室で亡くなる。
当初は自然死かと思われたが、
少佐の寝室に普段置いてない薬壜があった事、
マープルに見せようとした写真が紛失している事などから殺人の疑いが高まる。
マープルは慎み深い老婦人という立場を利用して、
宿泊客の素性を大胆に探って行く。
浮かび上がる様々な人間模様。
そして、
薬壜の移動に気付いた女使用人が刺殺される。


誰の言葉が信用出来るのか否か疑心暗鬼のまま読者を引っ張って行くクリスティの筆力は流石だと思う。
殺人者は過去の成功に酔い、
同じパターンの犯罪を繰り返すというクリスティの従前からの主張も見事に組み込まれている。
ミス・ディレクションに怪しい部分もあるが、
これだけ楽しませてくれれば充分だろう。
結末で「復讐の女神」と化して犯人に立ち向かうマープルだが、
本作は三部作構想の初作で、
次作「復讐の女神」も本作同様に佳作である。
改めてクリスティの残してくれた作品群に感謝したい。
カリブ海の秘密 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

その他の感想

黒の延長コード!
今まで同類品を使用してきましたが・・・
リース解説の定番
耐久性が分からないので、星は暫定的なものです。
初心者にオススメ。
これからの脳科学時代を理解をする王道の書!
デザインで買いだと思います!
名前付けに。
業者に頼む必要なし
さりげない大人のおしゃれにおすすめ!
思ったより小さい…
腱鞘炎のような違和感あったので購入
本当に文系出身者にもよく分かる
ラスキン
新鮮な卓見を含むエッセー集
電源入力は2Aです
購入前〜初心者向け、もう少し安くないと…
写真のまんまでとても可愛くて彩も良い。味は文句なし!
A型看板用レインカバーM
持ち易い
パッケージが秀逸
Logic初心者にはとても役立ちます。
出来るようになると、喜んでやります^^
予定通り旅行に行けました。
JMY-500より大きく進化
フィット感は良い
結構良い
自由度の高いブックライト、輝度十分。
名古屋に行きたくなる本です
手軽に白髪ぼかしするのに最適です
戻る