吟遊詩人の硬質なエッセイ
 新聞に連載された吉田類のエッセイ集。
ひとつひとつは二、
三ページの量で小気味いい。

深夜ひとりで酒を飲みながら味わうのもよし、
私は下戸だから散歩のときに持参して
ベンチの木漏れ日の下で読む。
ふうっと息を整えながら少しずつ惜しむように読んでいく。


 例えば、
「旅人の視点」の出だしはこう。


   缶ビールの栓を開ければ、
車窓の風景が流れ始める。
やがて視界が広がっていき、

  遠景は山々を配するようになる。
じっと眺めていると、
山腹のところどころが
  紅葉色をまとっていることに気付く。
もう一方の車窓ガラスには、
旅人の顔をした
  自分の姿が映っているかもしれない。
・・・

 これだけの短い文章のなかに、
酒、
旅、
季節、
風景、
自画像があざやかに収められて
まさに俳句的な映像美を感じる。


 吉田類といえば、
はしご酒をして飲んだくれているイメージ、
あるいは全国をTVや
講演会でまわり土地土地のおいしい酒、
おいしい料理を味わい尽くしているという
イメージだが、
この本を読むと結構ストイックであることがわかる。
オフの時は各地の
奥山歩きでからだを鍛えている。
酒仙をめざしているのかもしれないが、

酔漢に襲われてもびくともしないあのこわもての、
黒ずくめの衣装に包んだマッチョな
からだはかなりの鍛錬のたまものらしい。


 当書は極めて硬派のエッセイであり、
3.11後の俳人のこころのうつろい、

ひととのふれあい、
猫に対する深い愛情、
蝶の写真家やイラストレータ、
歌手?としての
側面など私の知らなかった吉田類のすがたが数多く垣間見られる。

なかに収められている30あまりの俳句の中で私がとくに好きな句は

     馴初めも 神の采配 白菖蒲

     火酒過ぎて 亡者の船に 揺られたる
酒場詩人の流儀 (中公新書)

その他の感想

マスタークラス!
昨晩のできごと
精度に問題あり
史上最"易"の現代投資理論の入門書 (ただし第1章のみ)
英熟語
やや薄めのアルカリ性?
古代ローマ史の入門書としては大変お勧めの一冊です。
永久欠番とは?
素材の記載に間違い有り
腰痛が軽減
心をくすぐられた
本当に凄い事、そして素晴らしいモノ
煙が少ないお線香
計算力のアップのための
結婚と恋愛はやっぱり別物でした!!
キラーチューンから行間を縫うような曲まで、最高の作品
アナと雪の女王の世界が自分の部屋に・・・
アドリブ入門者には最適
重宝!
バレエメイク本
値段がばらばらですね?
Sオケはすごいぞ
小学生の友
見た目重視ならおすすめ。機能重視は・・・
体験談としておもしろい。
プラレールですから。
レズシーンが18禁なのでしょう。
企画書などにもよさそう
美しいモデルさんと風景で爽やか
この値段でこの出来に満足。
戻る