道半ばだが勇気や希望を感じるがんとの闘い
下巻では主に4つの主題が取り上げられている。
即ち、
がんの予防における取組み、
大量化学療法のその後、
がんの分子生物学の進展、
そしてそれに伴う癌に特異的な遺伝子変異を標的とした治療薬の開発についてである。


上巻で著者は主に1980年ころまでのがんの治療法(手術、
化学療法および放射線療法)の進歩について述べていたが、
予防に関する記載はわずかであった。
下巻では、
第四部「予防こそ最善の治療」においてかなりの紙数を割いてがんの予防についての取り組み、
特にタバコを巡る研究者、
市民とタバコ会社との間の激しいやり取りについて述べている。
タバコのように肺がんを始め多くのがんの発がんに関係していることが明白なものであっても、
強大な資金力、
政治力を持った会社の抵抗にあえば、
喫煙率を減らすことは容易ではなかったことが生々しく記されており、
環境中の発がん物質を減らすという試みがいかに困難を伴うものであるかが良く理解できた。


化学療法は1980年代、
外科手術についてハルステッドとその弟子たちが進めたのと同じような道(上巻で詳述)を辿り、
より強力に徹底的にがん細胞をたたくという方針から自家骨髄移植を組み合わせた超大量化学療法が一時期主流となり、
多くの患者が副作用で命を落としかねないこの治療法を進んで受けた。
しかし、
比較臨床試験の結果、
乳がんのような固形がんでは超大量化学療法に生存期間を延ばす効果は認められないことが明らかとなった。
上巻でも多くの例があったが、
ここでもより良い治療法を知るためにあまりにも大きな犠牲が払われたわけである。
病の「皇帝」がんに挑む 人類4000年の苦闘(下)

その他の感想

これはかなり良いと思います。
発送の日付こえてるのに
ファインダー大好き
ゆったりだけどかっこよくはけますね
なんじゃコリャ( ̄◇ ̄;)(爆笑)
はしょってある?
良かった:-)
「過去・現在・未来」を繋ぐ、恋と成長の物語。
引き寄せ初心者や、引き寄せ難民に最適な一冊
やり込み勢からみても手抜き
セイコ−やシチズンをスル-して待ち続けた時計です
ミドリの箱に追加でちょうど良い!
純正よりも貼りやすい。
センター試験・中堅〜上位私大入試対策用として
薄手な感じが・・・。
表情がたまらない…!
金具取り付け布の耐久性に難あり
サイズが今一つ
レグザZ1に映すには設定が必要
初心者だけでなく、より仏像を知りたい人にも最適!
誠意のかけらもない
豪華な作家陣の中に…。
深山弁護士のひょうひょうキャラが最高!
Cute!!
目が楽になった
値段がリーズナブル
初めてのホームシアターシステム体験
実感ありました◎
あとひといき
ペンライトながら、普通に懐中電灯として使えます
戻る