9番目の月
W主人公の一人である橘慎悟(♂)は漸く自宅療養が出来るほどに回復し、
山田看護師長(♀)らに見送られ総合病院を退院して暗殺組織「赤い馬」に既に知られている山頂の廃村に戻り暮らし始めるが、
そこは慎悟と“篠塚の劣化版”疫病神DIVにとっての地の果てだった。


村の手前で網を張り次々と「赤い馬」の手勢を捕縛するイック(No.19)と少しでもDIVに人間らしい生活を送らせてやりたくて彼と行動を共にする慎悟、
一見して無関係に見えながら不可視の糸で繋がり機能していた。
共同戦線と村からの退去をイックに要請したDIVは森の中で密かにゲリラ戦を繰り広げつつ組織の命脈を断つ決定打となる暗殺者の群れの襲来を待っていた! 暗殺に携わる“攻め”のDと組織を外敵から防衛する“守り”のDをも動員するDコールを。
組織の存続を許す限り【母なる友】慎悟を襲う危険は取り除けないため、
わざと自身に対するDコールを発令させDIVは「赤い馬」を瓦解に追い込んだ。


山頂寄りの中腹にある無人駅「山の里」駅で午後4:00に一度だけの列車に押し込められ、
タイトルロールの主人公である篠塚高(No.9 / ♀)に抱きしめられた慎悟は呆然とするばかり。
対照的にDIVはプラットホームで微笑を浮かべて手を振り、
そんな2人の姿は劇場版『さよなら銀河鉄道999 アンドロメダ終着駅』のラストを思わせる光景だった。


篠塚:DIVには感情が無い、
私もそう聞いていました。
しかし、
本当にそうだったのでしょうか?
フランツ:えっ!?
篠塚:彼、
橘慎悟は確かに情愛の深い人間ですが、
単に生い立ちを聞いただけで誰彼構わず同情するというわけではありません。
私達の保護下から離れ、
危険を覚悟で暗殺者と共にあろうとするのには何か取っ掛かりが無ければそうは考えないものです。
きっかけとなるモノが無ければ。

フランツ:きっかけ…。
9番目のムサシ レッド スクランブル 12 (ボニータコミックス)

その他の感想

近年の食事療法全般の整理が出来た
たっぷり収納、スッキリと片付きました
喜び商品
懐かしいメロディーを自分の手で
Wifi版のモデルにもいけます
ゲーム自体は面白いのだが・・・
便利!風が強くても大丈夫!
分かりやすい!初心者にもおススメ
線形統計モデルや多変量解析を使う学生や研究者に最適!
OXOっていうんですね! 愛用しています。
ちょっときついかな…
凄い本です!
今の日本にも十分通用する考えばかり
特に問題ありませんでした。
今日子さんにドキリとゾクリ
手ごろ
肩が冷えない!!
白くなる
非常に微妙
通勤途中の社内で聴いてます。
約2キロの重量に耐えたれない
カラッとした仕上がり
コレヨリノチノ ヨニウマレテ ヨイオトキケ
携帯出来て便利
小学1年生の女の子でもかるがる!
とても滑らかな書き味
創造する思考力が身につく
簡単に作れました。
刺激臭…
暖かくて気持ち良い。買って正解でした。
戻る