理学と工学の問題
活断層の研究者として、
原発立地・地震規模予測の問題に取り組んできた研究者の主張。

理学(科学)は、
未知の問題も含めて自然のありのままの姿を理解しようとする。

工学(技術)は、
自然の都合の良い側面だけを利用しようとする。

原発建設時には未発達だった学問(変動地形学など)がその後発達して、
従来認識していなかった活断層などの地震源が認識されてきて、
不安全性が認識されるようになった。
そして、
現実に、
1000年ぶりの大地震・津波が福島第1原発を襲ってから、
深刻な反省を迫られた。

今、
原発再稼働に向けて手続きが進みつつあるが、
その反省が十分に生かされたとは思えない。

著者の意見に耳を傾けたい。
原発と活断層――「想定外」は許されない (岩波科学ライブラリー)

その他の感想

自宅でのチューブトレーニングに最適♪
ねじりすぎに注意!
延長変換フィーダー作成のため購入
酷すぎる。騙された
笑って学べるイタリア語
自分の誕生日プレゼントに
微妙な・・・。
基礎力の大切さ
安い、使える、OK
少し薄いけど・・・
買っても間違いない商品だと思います。
音質のよさにびっくりした
開封前に中身が判明してます。
NAS製品としては最高です
Compact and useful
難なく付きました
サクサクです
大人かわいいデザインの本
帯にある「究極の就活」に偽りなし。
このサイズだよね!!
良い意味でお客へのプレッシャーをかけられるようになったかも。
この整数編は、小学生でもわかるのではないでしょうか?
肌質に合いました
簡単!美味しい!
小鼻の汚れが本当にすっきり落ちます。
PK-128の方が分厚いです
毎日野菜をとりやすくなる
質感、使い勝手は良好。でもパッケージがw
基本非常食としては良い
砂糖が回す世界史の舞台
戻る