最高級の作品
楽曲の荒々しさという点では過去のアルバムに譲るが、
完成度という点ではこのアルバムである。
したがって、
Emperorを初めて聴く人にも、
もちろんおすすめしたい一枚である。

アグレッシブで殺伐とした曲展開をオーケストレーション的手法で盛り立てるという手法は、
まさに「極限を目指す」というメタルの精神を体現したものであり、
しかもこの手法が成功していることは楽曲を聴けば理解できると思う。
The Eruptionの吐き気のするような邪悪さ、
Thorns on My Graveの毛羽立つような寒々しさなどは壮絶だ。
まちがいなく各曲に怒りや抑鬱や落胆が込められていながら女々しくなることはなく、
むしろ壮麗で堂々とした美しさを誇っている。
たとえばEmptyでは美しさの面が如実に感じられる。

ところで、
本来、
メタルの曲展開とオーケストラ的な和音の進行は、
全く異なるものである。
通常はRhapsodyのようにメタルの展開がオーケストラの手法に合わせるという方向となることが多いのであるが、
Emperorにおいてはオーケストラ的方法をあくまでスケール感をアップする点にだけ使っている点が特筆すべきである。
このバンドの曲はクラシックをなぞったネタメタルやネオクラに括られるものではなく、
きわめて純度の高いブラックメタルのものである。
ここがたとえばDimmu Borgirとは一線を画するところだと個人的には思う。
ネオクラやシンフォメタル路線からEmperorに入った人は、
はじめは馴染めないかもしれないが、
ブックオフには売らずに棚に置いておくべきだ。
邪悪で沈痛で暴力的なメタルを欲した時に、
きっと心に染み込んでくるだろう。
そして、
この作品の恐るべき完成度とともに、
美しさを実感できるはずだ。

Emperorが「醜悪で高貴」という類稀なるバンドであることを明確に提示した優れたアルバムである。
Prometheus: Discipline of Fire & Demise

その他の感想

出来たらアッと言うまに
懐かしさと新しさが共存しており、幅広い層のユーザーが楽しめる良作。
書類をまとめるのに使っています。
所々にいい事が書かれています
良書なのに半分しか翻訳してないとは
ちゅうた
傷んだ時、疲れた時にはなんとなくじんじん効いている感じが。
英文法はこれ一冊で!浮気せず何十回も反復すべし
期待通りの履き心地
即実践
生きるとは何か?その答えのひとつはこれだ
おしい…
ねぷた絵師
パンツ回が収録されています
金メッキのコネクタで上質感
たっぷり!!
機能的でスタイリッシュなリュックです!
思ったとうりのの品物でした。
スポンジより使いやすい。
佐渡の魅力たっぷり
良書ですね
macでシムピープルができるなんて(^_^)
ネットブックにはむしろ必須かも
言葉の自由な人2011-2014
常時、付けて使っています。
文体が格好いい
あまりに盛り込みすぎ
なんでだろ
自分の足のサイズをちゃんと知っておけばたぶん大丈夫
大吟醸の酒粕はすごいですね
戻る