生々しさ。
戦争中のささやかな休息の時間が最初に描かれている。

ただ、
その休息は、
150人が80人に減ったが故に、

食料を腹いっぱいに食べられるという、
生々しさが含まれている。

そんな生々しさを終始漂わせながら、

両足が無くて走る人間や、

出血で死なないよう、
腕を噛み締め続けた人間、

そして、
頭が無くて生きている人間を書く。

その生々しさで何かを呼び起こすのが、

この小説が反戦小説と呼ばれる理由だろう。
西部戦線異状なし (新潮文庫)

その他の感想

ビギナーの感想です。
他社の乳酸菌飲料と併用でアレルギー激減!
988号 トピックス
サイズはレビューどおり小さいけど・・・・
広告を削って仏典解説を!
季刊版を買うよりはかなりお得。
キャップ無し?
香りは強め、スティックの本数を減らして調整しています
オタフクお好み焼きソース
ポップン大好きです
十分な性能
とても美味しかったです♪
オシャレで静か
外食を踏み止まらせる一冊
ビクーニャ大好き!
クセ毛でボリュームがある髪にはでこれでないと
強力ですが、裏が壁紙の場合、落ちました
国産の品質はすごい
可愛いし実用的です
着心地最高!!!
ややまとまりに欠けるか
キレイ!丁寧!とても満足しています
これほどの物も珍しいです
お勧めしたい現代の名機
固定が難しい
現役時代に出会いたかった
最適な労働法入門書。学生も労働者も経営者もまずこの本を読んでみよう!
イトノコ刑事が
便利というより必須!
通勤には最適です
戻る