未来に待ち受けるのは尾、発展的消失か、破滅的消失か。
国家を隔てた統一制度をいかに新しく打ち出し、
それを維持していくか。

過去の一次大戦、
二次大戦を振り返ると、
その難しさは容易に理解できる。
その点、
EUは様々な制度、
政策、
取り組みを成功に導いてきたと言っても良いだろう。
国境しかり、
経済しかり、
かつては困難にすぎると言われてきたことを、
次々と実現してきた。


そんな EUを夢見てか、
かつてアジア地域でも同様の共同体構想が打ち出された(今も生き続けているかもしれないが)。
が、
実現は途方も無く難しそうだ。
例えば言語。
EU加盟国の言語の「類」を考えたい。
英語もフランス語も、
スペイン語もイタリア語も言語としての構造は大きく変わらない。
この延長線上に、
文化や宗教が生まれることを考えれば、
アジア地域での共同体構想は、
非常に困難なものとなることは容易に想像がつく。

※あまりに簡潔に過ぎるまとめ方であり、
細部まで綴るとなると、
相応の分析が必要になるのは断っておかなければいけない。


もちろん、
EUの取り組みの全てが上手くいっているわけではない。
それは本書を読めばよくわかる。
加盟条件しかり、
脱退のステップ/その後の国の舵取りしかり、
法制度しかり、
巨大「国家」になるためには、
幾多もの障壁があることがよくわかる。

が、
試行錯誤を経つつ、
また一度打ち出した策を絶えず変えていこうとするマインドには学ベることが多い。
実権的な面での抑止力に乏しい諸々の国際機関(もちろんIMFや世界銀行は除く)の取り組みには、
辟易とさせられる一方、
EUの取り組みには目を見張るべき要素が多数あるだろう。


本書と合わせて、
過去の大国の栄枯盛衰に関する書籍も合わせて読むと、
ハザードがどこにあるのか、
今後どのような困難が待ち受けていそうか等が見えてくるかもしれない。
文明が生まれてこのかた、
半永久的に安定的な共同体を維持してきた事例はない。
いずれはEUも消失するだろう。
それは発展的な消失になるのか、
はたまた破滅的な消失になるのか――「圏外」に生きるものとして、
スポーツの観戦者のごとく楽しませていただこう。
巨大「実験国家」EUは生き残れるのか?:縮みゆく国々が仕掛ける制度イノベーション

その他の感想

公式の再現
便利だけどすぐに失くす
すぐに届いたことがなにより助かりました
いつも見ている車両が欲しいお願いされて
Page-turning, highly informative kanji guide
エクステンデッドはダテじゃない
古いMFカメラでも使えました。
表紙がカッコいい
2週間使用して
コルト1.5Cに取り付けました
甲高幅広の足の子供でも履けます
トラックボール入門も続投も
言う程悪くない
M730とはだいぶ違う感じ…
カッコいい!
胸囲か小さい
キャラクターそれぞれの魅力
こんな汚いクラッシュ水晶見たことがない!
作りがよくない。
前モデルの不具合が治っていない
リカちゃんの着せ替えのドレス孫の欲しい物が手に入りクリスマスプレゼントに購入しました。
穴あけ、ビス止めに最適
意外なほどクリアーです
知らなかった事が色々あった!
ふんわりとした薔薇の香りに癒されるトリートメントです …ただし、シリコン入り
吸水性良く、ふわっと柔らか。
7~8K/Wくらいかな?
USB3.0拡張ボードを全面に引き出す用途に
背表紙がないので
MacBook pro (2013)で使えました!
戻る