春秋戦国時代の英雄達のリーダーシップと処世術
通勤電車で史記列伝を楽しむには、
ちくま学芸文庫や、
徳間文庫の史記シリーズか、
この岩波文庫の「史記列伝一〜五」です。
岩波より、
ちくま・徳間は高いので、
列伝の内容だけ楽しむには岩波がおすすめ。
ただ、
漢文と書き下し文が付いていないことと、
「本紀」が出ていないため、
歴史の流れがつかめないという欠点があります。
列伝の話を味わうには、
全体の流れをつかむ必要がありますが、
その方法としては、
横山光輝のマンガ「史記」や「項羽と劉邦」を漫画喫茶とかで通読するのが横着者には一番。
ただし、
横山作品は読者が解りやすいよう独自の解釈を加えていると思われるので注意。
 

 岩波各巻のうち、
「一」は、
大国の首相や負け知らずの将軍など、
歴史の中心人物が取り上げられています。
そうした人たちも、
陰謀で失脚したり、
王の疑心暗鬼を招いて悲惨な死をとげる者が多く、
人にとって「身の振り方」が大切だと思い知らされます。
一番魅力的な人物は魏の信陵君です。
義に篤く、
軍事にすぐれ、
人材に対しては見かけや身分にとらわれず礼を尽くして親交を深め、
そうして集めたブレーンが人生の転換期にそのブレーンにしかできない助言をしてくれる、
まさに人生の見本という人でしょう。
その人徳が諸国結集の軸となり、
秦の覇業を阻んだため、
信陵君は秦の情報工作に陥れられ、
最後は失意の中で酒浸りになり早死にします。
やはり孔子の弟子の「子路」の様に、
身の振り方は考えず、
命がけで主義を貫くという人生の方が良いかも。
「子路」は、
この本の「仲尼弟子列伝」に少し出てきますが、
その感動的な人物像を知るには、
「中島敦:李陵・山月記―弟子・名人伝:角川文庫」がおすすめです。
史記列伝1 (岩波文庫 青214-1)

その他の感想

耳からうどん
用途が広い
ほぼ期待通りだったのですが致命的な弱点が…
アクションとしては平均以下
期待外れの、爽快さ
マリオパーティー
接続が頻繁に切れる
キラー・カーンに注目せよ
やわらかくて着け心地よい製品です。
失敗のイメージ変わりました。
満足度は高い
ホントに相場より高く売れちゃいました!
「これからどんな悪夢を見ることになるか、だれにも予測がつかない」
圧縮、燃焼…そして、排気。
今この時代に必要な日本のデザイン力を再考する良著
素敵なアルバムです。
少し物足りない感じがします
待ちにまったTEX加藤先生の『金フレ』の改訂版!TOEIC L&Rに対応した大改訂。TOEIC学習者には必携の単語集です
三ヶ月、遊んでくれました
Kindle版購入して良かったです。
お友達の誕生日に。
足が細く見えます
コストパフォーマンス高い!!
プラネットオーシャン
きれいなのが良い。
続けるのが難しい
親切な解説書
スマッシュブラザーズ
最高の質感です♪
劇的なヴェルディ・レクイエムでした
戻る