「ワレ到着セズ」の続き
「深夜特急」の著者沢木耕太郎氏が50代になってベトナムを旅した時のエッセイです。

近藤紘一という人の「サイゴンから来た妻と娘」という著作とカメラマン横木安良夫の「サイゴンの昼下がり」という本に触発されてホーチミン(サイゴン)に向かいます。
沢木氏が書いているように、
「深夜特急」のころのような若さと体力に任せて好奇心が向くままにあちこちに首を突っ込む、
という印象は比較的少ないかもしれません。
それでもこの方の人の好さなのでしょう、
面白い人たちが集まってきて起こるエピソードの数々は「深夜特急」と同じようにスイスイ読めて、
相変わらず「この旅(本)が終わらなければいいのに!」と思わされてしまいました。
一号線を北上せよ<ヴェトナム街道編> (講談社文庫)

その他の感想

実際に使ってみると思っていたよりもかなり広かったです。
意外にいい本です
無臭、さらっとしてベトつかない、軽い使い心地で、夏場にいいと思います
マークが
効果あり
パワーは凄いよ
ステージで活躍!
期待通りの製品でした
思ってた通り
メトネルの本としては日本初?
チェンソーの事より伐木作業そのものの基礎知識本です
ベースには向かない
もう一人のダウンタウン
セーラー服のような魔法少女コスプレがとってもキュート
こんな使い方もGOODです。
さりげなく子供の前に置いてみた
機能は十分、使い勝手は熟成期待
うつくしい音楽がきこえる、世界が鳴っている、
こんな学生時代を過ごしたかった・・・!
乳がん専門医が監修しているので、治療中の方にも安心
使いやすい!!
かなり満足した
ふつうにおいしいです。
細めから太めまで
Gosse de peintre絵描き小僧
品質・デザイン・納期ともに満足
こんなに面白いのに次で終わりかぁ。。
見た目どおり。奥行きがあるのがいい
洗車は不向き
ユダヤ演劇の傑作
戻る