西南戦争までを幕末期と捉える
画期的な幕末史講義録である。
とても面白く読み、
勉強になった。


美点は3つある。


一つめ。
もと原稿がカルチャーセンターでの講演であるため、
語りかけの口
調が大変親しみやすく、
読みやすい。
同じレベルのことの述べられている歴
史書はきっと他にもあるのだろうが、
この読みやすさを備えているものは他
には考えられない。
名講義録『昭和史』(平凡社)とは、
版元が違うのだが
同じような造本にしてあるところもよい。


第二。
反薩長史観という軸足の据え方がよい。
ただ、
ご自身が何度もお断り
を入れているように、
反薩長が絶対の正義だというイデオロギー的なもので
はない。
歴史というのはいろいろな見方ができるものなのだという柔らかい
視点を手放していないところが頼りになる。
とは言うものの「いまも薩長史
観によって、
1868年の暴力革命を誰もが立派そうに『明治維新』といっ
ています」なんて、
活字で読むとちょっと嬉しく(?)なってしまいます。


第三。
幕末というとペリー来航(1853)から大政奉還(1867)・江戸城無血
開城(1868)までの30年余りを語るのが一昔前までの在り方だったが、

書は違う。
明治11年(1877)の西南戦争までを一続きのものとしてとらえ、

明治という新国家が実は大変危ういスタートを切ったことを明らかにしてい
く。
その難点を、
大久保利通独裁の新政府は、
よく乗り切ったとも評価でき
るし、
実はちょっとしたイフがその後の歴史を大きく変えたはずと読むこと
もできる。


いずれにしても、
大変勉強になり、
ためになる読書を楽しむことができまし
た。
評者の場合は、
ひたすら教えられるばかりでしたが、
それなりに知識の
ある方が読まれても面白い書物なのではないかと思います。
また逆に本書を
最初の一歩にして幕末期明治初期の歴史散歩に出られるのも趣き深そうです。
幕末史 (新潮文庫)

その他の感想

四角い形
家事にはむかない
Kindle版が出ていた!
アウトドアーで使用は普通でした
いつものお気に入り
あんまり悪くは言いたくないのですが・・・・
SUNWA SUPPLY 一体型SATAケーブル
固定部がもろい(改善されたかな?)
初期状態では難あり一工夫必要
こんなに安くて
値段の割に作りはいい
なんといっても【音】がいいケンウッド♪
流石日本メーカー製作!
X-E2に使いました.
意外にすぐれもの
すぐに外れる。
とりあえずわかりやすい
快適な使い心地
『安かろう悪かろう』 これに尽きる
DVD最高じゃないですか。
かっこいいし 使い勝手が良い
常識の範囲
こんなものまで・・・・・
家計簿の色づけに
めちゃくちゃ可愛い声でおねだりされました
字が大きく見やすい、入門には十分な内容
シンプルで使いやすい
変身ッ!!
クルミお得です。
うまく動かない。
戻る