何かがひっかかる・・・
これは、
シンプルなエッセイだと思う。
写真を見た時に、
何かがひっかかる。
その何かを探求するエッセイだと受け取った。
面白いのは、
途中でそれまでの話を否定し、
「前言撤回」するところ。
こういう、
自分で書いておきながら、
まるで他人の文章を扱っているかのように書ける書き手というのは少ない。
これを読んだからと言って写真藝術が理解できるわけでも、
まして上手く写真が撮れるわけでもないが、
読み手に何かを残す本であることは間違いない。
その何かとは、
バルトが本の中で模索している何かなのだろう。
そう考えると、
写真論だが、
バルト自身の作品についての内省とも読める。
明るい部屋―写真についての覚書

その他の感想

本当に科学的。説得力十分
香港のレストラン愛している人に!
割れました。
当時の空気感が伝わってきます
なんと図解!
高級感あり。めんどくさがりでもOK。Nexus7で管理してます。
使ってよかった
微妙です
付属のステレオミニケーブルは使わないこと
リール式で2.4A 対応を謳う数少ない製品 / iPhone6+iOS8 でも OK
助かったのですが…
就寝中は首振り・リズム運転が快適
低価格+国内メーカー+3D対応で選ぶならコレ!
大阪商人魂
我が家の人気者
使ってますよ。子供が
接続に少しだけコツがあるかもですが
良かったのよ
ただのネームバリューのオムニバス失敗しました
童心に帰れて、楽しいです。
おもしろ
どうしてこうなるの?
こどものためにも、自分のためにも
ハンドグリップの個人的評価について
信頼の国産工具
値上がりの波が来てますね
今までの要点をよくまとめています。
サンプル画像より実物が可愛いです
プラチナから替えました。素晴らしいです!
すごく良かったです。でも前半だけで十分な気も・・・?
戻る