経済学における2大潮流の闘い
ケインズとハイエク、
両者の生前のやりとりから2人の死後、
現代まで
「市場に任せるか、
政府が介入するか」という論争の歴史を書いた本です。


細かい理論の話よりも、
大雑把に2人がどのような思想を持っていたのか、

それらの思想は実際の経済運営の場でどのように使われたのかが判ります。

物語風の書き方なので特に知識が無くても読み物として楽しめると思います。


タイトルは2者択一のような表現になってますが、
実際の経済政策立案の場では
状況や分野に応じて両者の考えを使い分けるのが標準的でしょう。

この点でタイトルはちょっと良くないかもしれません。

とはいえ経済思想の主流が両者の間を行き来しているのは確かです。


この2人の主張をラップで歌う動画がyoutubeに上がってたはずなので、

興味があればそちらも観てみるとよろしいかと思います。
ケインズかハイエクか―資本主義を動かした世紀の対決

その他の感想

無駄なく使える・・・
ブラシが回りにくい方は必見のレビューです!
非常にバランスの良い機種
具体的で良い!
模造品です。毛は抜いているのではなく途中でちぎっています。作りも雑です。
ギスケCクランプ
Love it.
大変たくさん収納できます
悪くは無いが、、、
DVDゆえに…
本来の使い方とは違いますが・・・
芸能人の出演が意外と多いPVですね
とても、いいです‼
SFXバトル・ホラー 第2章
孫への作成方法の伝授
book received in excellent condition
キラキラが可愛い
ノーマルよりも良い
化学の新演習との差別化に成功
臨床とエビデンスを結びつけてくれる雑誌
好きなんですが
たっぷり荷物が入ります。
ふつう。まあメーカー品だと思えば良いか…
MacBook(2008late Alminium)で音出ます。
課題少々。でも値段を比較すればコレでしょ!
効果抜群!!
冬に一枚で使うことはできません。
あまりにも。。。
都会でもこれをやれば、良い評判がたち、薄利多売でやれるのだが、やらんだろうなぁ・・
音は静かだがちょい風が弱過ぎる
戻る