いっきに読み切った。
ロンドン、
リオ、
東京オリンピックを勝ち取るためのプレゼンテーションを戦略的に作り上げたコンサルタントの書籍。

相手を知る(=IOCの要求、
オリンピックを知る)、
自分を知る(=世界から見た客観視された日本の魅力)、
その上でコミュニケーションをしていく、
という基本的なことをやっているだけであるのだが,非常に緻密で戦略的である。

タイムマネジメント、
用いる数字や素材の選定基準、
聞き手の多様性に合わせたプレゼンターの多様性、
聞き手に強い印象を残すための言葉選びなど、
コミュニケーションのプロである以上に、
外から日本を見た人にしかない新鮮な視点がブレンドされて、
あの素晴らしいプレゼンテーションにつながったのだろうということがよくわかる。
間違いなく、
お役所仕事ではあのレベルのプレゼンテーションはできないだろう。

よくあるプレゼンテーションやコミュニケーション論と本質的には同じだと思う。
しかし,内容は濃いと思う。


また,この本を通して、
オリンピックの果たす役割や経済効果だけでなく、
東京が世界の中でどれくらい魅力的で特殊な都市なのか、
ということも改めて認識することができ,発見できた部分もあった。

例えば,経済的な側面やインフラの安定性について。

日本に住んでいれば当たり前の日常であり,強調するようなものではないのかもしれない。

が,世界に目を向けてみれば,日本・東京にとっての「当たり前」がどれくらい素晴らしく、
他の国や地域には実現が困難なことであるかもわかる。

途上国の経済の成長性は素晴らしいといっても,オリンピックのとある候補地がそのスピードで100年連続で成長しても、
日本の経済力に及ばない,など。
こういうコメントをみて,「はっ!」と気づかされる部分があるとしたら、
まだまだ日本のことを客観視できていない,といえる。

東京オリンピックが獲得できたのは,日本をとことん客観視し,伝えるべき相手が求めるコンテクストに従って,適切なプレゼンテーションをとれたことに尽きる。
学ぶべき部分が多い1冊である。
日本はこうしてオリンピックを勝ち取った! 世界を動かすプレゼン力

その他の感想

左手は克服できないかもしれません。
保温力は良好、しかし洗浄に難あり
替え歯として購入
香りを味わう
たっぷり使えます
強力すぎて危険です。
少し違った視点から
水玉×格子(BL)を購入しました。
歌手デビュー直前のトップグラドル「篠崎愛」の、表紙・巻頭グラビア・インタビュー付きの「永久保存版」です
アンソロにしては、全部の話の絵が綺麗です
言葉をもう少し考えてくれたら・・
レビューを信じて買ったけど。
価格以上の音で満足してます!
試しに使って大満足。
静に可憐なアリス
かっこいいけど
美しく、知らない一面が見えます。
かゆいところに手が届いた!!
暮らしを整えるヒントに
大変すばらしい
VAMPSの進化が感じられる一枚
賛成
尖ってない所がいい。ほこりも本当に入らない。
使いやすい蛇口
小さいから便利
本物かな?
効果がなかった。
固形石鹸のような大きさで握りやすい
連動型の設定が楽でした。
雲の上を歩く感じ
戻る