挿話が楽しい
上巻と同じくあいかわらず、
著者のアルハンブラ宮殿での生活の話が
続く。
しかしこの下巻の魅力は、
挿話にあるといえよう。

「恋の巡礼」「三人の美しい王女の伝説」などは話としてはとても
よくできていて、
まるで千一夜物語を読んでいるようだ。

著者は最後にアルハンブラを去るときがついに来た。
ここまで読むと
読者は著者に共感するとともにいつかは必ずこの地へ行ってみたいと
思うようになるだろう。
アルハンブラ物語〈下〉 (岩波文庫)

その他の感想

バイクがより楽しく感じれるようになりました
涼一はおれの言うことを 何でも聞いた
久しぶりなジャカソロ
マクロ撮影が楽しい「スーパーサブカメラ」
強烈な香りが残ります。
調色により照度(適用面積)が変わってしまう製品の代表例です。そして、LEDは長寿命ですけど初期劣化が意外に早い事をお忘れなく。
最後は世界観の魅力に尽きるかと
アンパンマン音が鳴れば尚良かった
レビューの通りでとても気に入ってます。
ブルーを購入しました
おしゃれですが、使う人を選びます
1年使い続けて、顔のイボが自然に取れた
厚みも長さも調度良い!
これで2本目です
Casaさんらしい
裏表が判りやすい。リピート購入です。
文章をもっと練ってほしかった
ちょっと多めの伝説と不思議
使い勝手の良い製品です。
マジックテープで調節できるというのが決め手
CD収納のためだけに購入
ショルティのマーラー
サイズがちょうど良い
資料集としては満点だが謎は解明されず。
慰安婦問題に対する産経の執念を見た
凄い画力
こんなこと言ってました
中々同様のものが見つからなかったので満足
夫婦で使っています
見かけの割に、穿孔できる厚みは
戻る