ラッセルの思い入れに満ちた痛快な本
哲学史という、
これまたチャレンジングな試みをなせる人間はそうざらにはいない。
哲学史を語るという事が、
一つの哲学の表明になりそうならなおさら。
この3部に分けられた「西洋哲学史」の著者、
バートランド・ラッセルの場合はどうだろう?
3部構成の第一巻は、
ギリシア文明の始まりからローマ帝国までを扱う。
サブタイトルにもあるとおり、
「政治的・社会的諸条件との関連における」哲学史とうたっていることもあり、
歴史的文脈の中での哲学が語られる。
それだけに、
気楽な読み物としても十分利用できる。

現代の哲学の出発点は、
ソクラテス以前にたちかえることにあるそうだ。
気に入らない哲学者の理論を批判するときの、
ラッセルの思い入れたっぷりの(別の意味で)語り口は本書の魅力。
第一巻だけでも読む価値はある。
西洋哲学史 1―古代より現代に至る政治的・社会的諸条件との関連における哲学史 (1)

その他の感想

仕様数日後から大きくぶれて困っている。
「そして…」と「しかし…」の間
まあ、満足しています
「いいね!」
安全で経済的
登山やサイクリングに
少し高価ですが、保護はしっかりできる
バイクのオイル交換に使用
7匹中6匹が美味しかったと!
「問題の鮮度」こそが最大の特徴
優れた図版、理系に限らず読みやすい叙述
デザイン一目惚れ!!めちゃくちゃ可愛いです!!
電力自由化はもとより新ビジネスを考える上でお勧めできる1冊です。
買って損無し英語がよめれば
pretty good!
コスパいい良い製品 ただしサポートに注意
写真悪すぎ 説明不足
大容量を高速で読み込み
着色除去効果
ガセネタという社会的な情報の視点とコンピュータという工学的な視点
すぐに使えるノウハウ集
1日1本飲んでます
忍者好きなので選びました。
計量テキストの定番:待望の改訂第二版が登場
まあまあいいかな
痛くないのに上がる
数あるトイドローンの中で1番
続編も期待
一見地味ですが実力派!!
Absolutely Amazing!
戻る