But, he who studies medicine without patients does not go to sea at all.
好意的レビューは米国帰りのお友達がブログで書いてくれていると思いますので、
あまり好意的でない書評をします。


著者は米国感染症専門医とのことで、
専門外のところでこれだけ薀蓄を披露できるのはやはりすごいと言わざるを得ません。
また、
冒頭の章「Evidence Based Medicineの実践方法」は勉強になる部分があります。


ただ、
2点気になったことがあります。


1. 著者の経験値が高くないところの記載が極端に弱く、
例えば「関節炎」の章では、
初歩的な誤り(リウマチ性多発筋痛症でPIPが腫脹するのが特徴的、
など)、
製薬会社スポンサードの論文結果を真に受けすぎた記載(RAの30-50%がDMARD不応で、
そういった患者には生物学的製剤が必要、
など)が目立って、
残念な感じを拭えませんでした。
出典不明のp252の図は、
見る人が見れば、
この図を作ったひとは普段ちゃんと診療してないんだなぁというのがモロばれです。
「喘息」の章「ステロイドの種類による喘息治療の違いなど細かいことは確立されたエビデンスがない」とのことですが、
著者のようにソル・コーテフ点滴から入るのは(いわゆる「アスピリン喘息」患者のうち、
コハク酸含有ステロイド/パラペンが喘息発作を誘発する比率が高いとされる本邦では)避けたほうが無難でしょう。

2. では、
ご専門の感染症絡みの章はどうか、
というと、
これはあくまで著者がトレーニングを受けた「米国の医療」であって、
日本では(ベッドサイドでのグラム染色結果などを意識して)結局どうするか?には全く触れられておらず、
文献の羅列のように思われました。
少なくとも「豊富な臨床経験」や「高い専門性」を感じて唸らされるような記載はなかったです。


そもそも、
総花的な文献の渉猟と批判的吟味のみがEBMの実践か、
という、
よりFundamentalな疑念もありますが、
これだったらMKSAP読んでた方が気が利いてるなぁというのが読み終えた感想でした。
和文で内科各分野の「比較的」まともな耳学問が出来るという意味では得難い一著なのかもしれません。


(2014.01.02 11:40 訂正:著者の努力分を汲んでOffensiveに過ぎる記載を削除し、
星3つに改めました)0
内科診療 ストロング・エビデンス

その他の感想

ややミリタリー風のシンプルなクロノ
トキワ鉄鋳物ステーキグリルCRー18
よくできたレンズだと思います。
太い!長い!描きにくい!
書き味はなかなか。
汚れたフィギュアの洗浄に使ってみた
誤植あり
雰囲気がカスタムっぽく良いです。
ガサガサ用に
書き込みが遅すぎる
なぜ近年は映像作品になると謎の特典をつけてしまうのか
ベビーのクリアカラーはあまり使わないが。
辛口の発泡酒。
薄型PS3に使えるよ!
これからロボットを始める方にお勧め
KOKUYO SL-M134 ステープラー3号・3号U・23/13号針対応100pcs装填式(卓上大型)
疲労感が違います
スポット利用用途なら、会員契約するよりも割安
太い割には・・・
こんな本が欲しかった。
トリガーにきしみ音あり。
チョコレート自体はおいしかったが対応が悪い
サイズについて
キャラメルシロップ
ルック・トゥ・ミー
充分しっかりと作られている。
ごくごく飲んでくれます
金具が;;
PC版ダークソウル2完全版
違うわ〜!
戻る