経営学を学ぶ入り口として格好の一冊
経営「学」は仕事に役立つか。

『ストーリーとしての経営戦略』の楠木先生は、
著書で「学者の理屈で説明がつくのは、
せいぜい2割。
8割方は理屈では説明できないことに決まっている。
しかし、
2割は何らかの理屈で動いている。
」という。

なるほどそう思う。

本書は、
この2割を学ぶ入り口として格好の素材。

特に、
三品先生と楠木先生のテーマ。


三品先生は、
「事業立地」。

分かりやすく言うと、
「誰を相手に何を売りものにするか」。

ポーターは「事業立地」を定めた後の駆け引きに興味があり、
「事業立地」を足早に通過したが、
三品先生はこれを生業として研究をしている。

「事業立地」が悪い場合、
M&Aによって売却することが考えられるが、
三品先生は「社会全体からみれば真の解決策ではない」ため、
「事業立地を絞る」と同時に「事業立地を微妙にずらす」戦略を説いている。

極めて実践的な戦略ではないだろうか。

興味がある方は、
三品先生のブックガイドに掲載されている彼の著書を読んでみてはいかがだろか。


楠木先生は、
「戦略」。

『ストーリーとしての経営戦略』の要約版といった内容。

読んでいない方は、
まず本書を一読することをお薦めする。


その他、
「会計」の加賀谷先生や「財務(ファイナンス)」の中野先生など気鋭の学者によるガイドもある。


経営に関与する方が経営「学」を学んで損をすることはない。

初めの一歩として最もお薦めできる一冊。
仕事に役立つ経営学 (日経文庫)

その他の感想

中のビニールがペラペラ…
履き心地は良いですが毛玉が・・
商品が届いてがっかりしました。
今年の年賀状は花咲く書道で〜(*゚ー゚*)ポッ
かなりイイ感じ!!
テキストは間違いだらけ
カワイイ女の子系自転車漫画だが
ミスティックリズム!
接触不良?
紹介している映画よろしく愛と敬意と情熱のあふれる1冊
車間時間は実用的だと思った
大きく重いですがとてもタフです
車の助手席に置いておいて、信号が赤の時に見てます
とりあえず1冊買うならお勧め
適度な時間で何度もあそべます
皆さんの感想を見て購入しました。
鳩とスパイ
優れものだと思います。
山下智久さんのページが良かったです!
見た目重視だが、機能性も◎
色はイマイチでしたが。
他のパイプ系商品とは圧倒的に効果が違う!!
髪の色が変わらないのですね。
ちょっと手を加えるだけでも見違えてよくなる
女性の乳輪
手のパーツが・・・
ちょっとキツイ
穴径にご注意を
かなり高機能で大企業でも十分使えます
効果感じず。
戻る