日本プロレスゲーム史上最も観客が静かなソフト
レスラーはリアルです。
入場シーンもリアル。
動きもリアル。

しかし、
「ああ、
作った人はプロレスに興味がないんだろうな」とわかる。

オールスタープロレスと違い、
プロレスへの愛が感じられない。


多分日本のプロレスゲーム史上最も試合中が静かなゲームです。

他のプロレスゲームでいう「道場」での練習のような静けさ。
蝉の声がマットに染み入るくらい。

技を出すときに、
「オー。
」という声が聞こえる程度。

入場時も、
エディットだと「音楽開始から何秒後に入場」など、
細かい設定ができるけれど、
臨場感がない。

レスラーはまるで本物みたいにそっくりだけど、
「プロレス会場感」からは全然ほど遠い。

ただテーマ曲を流して、
レスラーがリアルに歩いているのを再現させればファンが満足すると思ってるなら、
ユークス、
大間違い!

それとドラマモード。
各団体のトップを目指す過程は面白いけど、
すごく気になったことがある。
試合に勝っても負けても、
試合後のインタビューのコメントが同じ!大物レスラーに勝っても負けても、
「○○選手、
どうでしたか」「勉強になりました」のような当たり障りのないセリフ。
こういうところ、
すごくユークスの手抜きを感じる。
試合に勝っても「次こそは勝ちますよ」なんて言うことも。
論外。


ユークスはこれまで闘魂烈伝シリーズも手がけてきたけど、
とにかくエディットが格好悪い。
顔やタイツとか、
すごくカッコ悪い。


それとコンピュータが強くなるにつれ、
大技は全然決まらなくなります。

結局ラリアットのような当てやすい打撃で倒して倒れているところを蹴りまくり、
体力がなくなったところをマウントパンチでギブアップを奪う、
というルーティンワークになってしまう。


でも遊べるとしたら、
ドラマモードはまあ楽しめるかな…。

海外遠征を経て、
自分の進む道を選択していく(新日本のトップを目指す、
ノアのトップを目指す、
フリーとして戦うなど)ことができるのは、

一度クリアしても、
「今度はGHCを獲ろう」みたいに、
もう一度プレイしようと思える。
レッスルキングダム

その他の感想

これが無いと生活出来ません!
結構、上品な感じです。
新たな魅力が満開!初ソロCD作はあーりん流「アメリカン・グラフィティ」!
耐久性あり(11か月使用経過)
ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター dyson Pure Hot + Cool Link
刺さりは抜群でも耐久性は
受験は記憶ゲーム
カラーの図解は見やすい。
品物品質 良好
とってもかわいいけど、意外と音が大きいかな
8か月ってとこ
大変やくだってます
デザインがかっこいい!
値段相応かと思います。
甘々☆なファンディスク♪
異音がします
考えるって面白い
同じ様な方がいらした時の為に
工場改善の虎の巻
ロードが長すぎる
安くてもとてもよい商品
見栄えはともかく取り付けイージーでコスパに優れる
同じ色のネックも買いました!
真実は最強のプロパガンダ!米国例外論の否定と日米民主勢力の連帯による対米独立を!
注意!
安い!!美品!!
簡潔で取り組みやすい問題集
形はポップ 音は本格派 豊富なフィッティングキットで耳に合います
自転車はあまり興味ありませんが・・・
年賀状に使いました。
戻る