内在論としての時間
時間と空間は直観の形式というカントの言葉は、
さらなる超越概念によって包括される。
時間空間は、
量子論の形式によって、
複数化されてコピー化されていく。
われわれが見ているこの現実は、
本当の現実であるのか疑うことになる。
認識論的時間と存在論的時間。
大抵の人はその存在論性の時間に生きていく。
時間というものが、
直観の形式というものを妥当させていかなくなる。
それは内在論の一部となり、
時間は、
「存在の本性」となる。
その内在性から時間は量子論の立場で述べられるこの立場は、
まだ現代的である。
この現代性ゆえに読まれてよい本ではないだろうか?
Direction of Time

その他の感想

ベストアルバムとしては最高のベストです!!
一合炊き
15歳の娘用に購入
ピアノを習い始めた子どものために
香りと見た目で癒されたい方に
ホンダリード100に付けました。取り付けは純正より簡単だが・・
ジャストサイズ★
ぶきっちょさんでもOK!
探していました
前作を超えた!?
ルウを使うカレーはインド料理ではなく日本料理だ!
またも広がるREBORN!ワールド!
取説には10年で交換となっていますが…
おじん
化学調味料無添加で重宝します
ミシン切り取り線が無いのでキレイです…
ただ問題提起をする啓発本ではない
使うことで役に立てる商品です
色分けで使いやすい
フィット感が・・・
使い方はいろいろですね。
この分厚さならお買い得
“忘れられた本の墓場”シリーズ第3弾
反応がいい
ちむ
副音声が面白かった
 とっても描き易く綺麗に仕上がります。
おしゃれな感じで気に入ってます。
伸縮するのがgood
IRIS
戻る