心臓と血管の病気を抱える方、そのご家族、そして治療を支える医療者のすべての方に読んでほしい一冊
緩和ケアはこれまで、
がんについて語られることが多かった
しかし、
病気や生活に関わる苦痛や苦悩は、
すべての病気に共通している
そしてそれは、
心臓や血管の病気にも当てはまる
本書は、
本邦初の心臓や血管の病気に関する緩和ケアの専門書である

臨床と研究の第一線で活躍する専門家によって執筆された本書は、
まずその読みやすさに驚く
最新の科学的根拠が示されている上、
実際の現場で即応できる具体的な知識や技術が網羅されている
その内容は質・量ともに読み手の期待を十二分に満たしてくれる
その構成力も然ることながら、
用いられている語彙や文章が直感的に理解できるよう工夫されている
こと医療の用語は難解で煩雑になりがちだが、
本書は基礎知識がなくとも要点を捉えることができる
また、
日々の業務で多忙を極める現場の医療者にとっても、
すぐに望む答えに出会うことが出来るのは純粋に有難い

内容は全11章で構成されており、
心臓と血管の緩和ケアに関わる諸問題を遍く包含している
中でも特徴的なのは、
包括的な治療体系が記載されている点である
病院における心不全に関する治療内容は元より、
在宅医療、
多職種連携、
コミュニケーション方法にまで言及されている
特に、
患者家族や医療者自身のケアについても示されているのは、
他の医学書と大きく一線を画す点であると思う

そのうえで、
あえて課題を指摘するのであれば、
終末期以前の緩和ケアに関する記載が少ない点である
緩和ケアは文字通り、
苦痛や苦悩を緩和する医療である
無論、
終末期には苦痛や苦悩が顕著に表出するため、
介入・援助の必要性が高い
しかし、
緩和ケアは終末期にのみ有効な介入・援助ではなく、
心臓や血管の病気を発症・罹患してから終末期に至るまでの生活期間においても有効である
特に心理社会的サポートについては、
急性期から終末期まで一貫した継続的な支援が必要不可欠であり、
終末期における質の高い意思決定支援を実施する上でも、
回復期・維持期からの介入・援助が重要であると考える
心不全の緩和ケア 心不全患者の人生に寄り添う医療

その他の感想

カバー力 透明感 キープ 最強!
安定のグンゼ
生後3ヶ月です。
常備岩塩
最近なかなか売ってないですね
普通のClass10とは違う
初心者から上級者まで幅広く使えます。
男性はもっと受け入れるべきなんでしょうね
小顔の人には大きすぎるかも知れません
カープ、カープ、カープ♪
昔から飲んでいました。
ライトの色がきれい
他社製より強い
楽しみですね(*’▽`*)
安くはありません。手間を惜しむなら・・・
ユニークな本でした!
写真のねこちゃんと同じように遊んでいます。
中々の仕上がり
メレルエアークッションミッドソールで抜群の衝撃吸収力!
フード部分を外してバイク用の合羽として使用
全く問題無いACアダプタ
低学年の取り組みに最適
人感センサーライト
商品的には普通なんですが…
アートディレクターを目指すなら必読
注意点!!!!!
階段であげられない大きな荷物用に
小さい目に着こなしたかったので◎
着心地は良いです。
昭和の鬼才寺山の原点
戻る