半藤氏ファンなら面白いです。宮崎監督ファンならばどうでしょうか。
本書を購入し、
且つ「風立ちぬ」を劇場で観てきました。


私は、

・DEEPな「ジブリ作品ファン」ではないのですが、
ナウシカ以降(「紅の豚」唯一作を除いて)、

全作劇場で観てます。

・半藤一利氏のファンであり、
2001年文庫化の「ノモンハンの夏」以降の著書を大体購入して読んでいます。

これから映画を観る方へのネタバレを極力抑える為に、
ちょっとチグハグな表現になってますが、
ご容赦願います。


本書はおおまかに言うと、

◆前半:未だ映画を観ていない半藤氏と、
宮崎監督の対談
◇後半:映画を観終った半藤氏と、
宮崎監督の対談
で構成されています。


ですので、
可能なら本書の、
特に後半を読む前に「風立ちぬ」をご覧になる事をお奨めします。


また、
単に「半藤一利氏ファンで、
”文春新書でよくある”、
半藤、
戸高、
秦、
各氏による昭和史対談集
は好きだよ」、
という方なら、
映画を観なくとも楽しめはしますが、
出来れば本書は映画を観た後、

記憶が残ってる内に後半を読んだ方が、
間違いなく理解深く且つ面白く読む事が出来ます。


まず宮崎監督が個人的に半藤氏の著作が好きです、
という趣旨のところから始まりますが、

お二人ともかなり深い「漱石のファン」であるところから話が弾み、
半藤氏が劇場で観た後の後半対談になると、

テンションが一気に上がり、
劇場版と、
史実の違い(登場人物の立ち位置など)も語られています。

なお、
半藤氏の奥方は、
漱石の孫にあたる方だそうです。


半藤氏の話は、
戦後間もない頃の、
古き東京の話(川がまだ清流だった事や、
橋の話。
半藤氏は学生時代ボート部だった)、

前述の「漱石」の話と、
お題は「いつものお得意のお題」なのに対し、
宮崎監督が、
それらに対して監督なりの感性、

考え方を返し、
私個人は、

「ああ、
宮崎監督はこういう考え方をされる方なのか」と意外な答えが多かった様に思います。


勿論、
航空機を始め、
数々のメカニズムに関する”宮崎監督独特の考え方、
感性”も語られていて、
劇場版では
半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義 (文春ジブリ文庫)

その他の感想

みなさんは・・・どうやって?
サイコーっす
タイムセールで980円。意外と臨場感あります。
新鮮さもあります
加湿器のフィルター掃除用に
バグありですが普通に遊べます
たくさんある
これが出来れば合格出来る
Pelikan Souveran M800 (Fine nib) + インク 色雫 月夜で裏移りしないが、堅い書き味
音量豊か
設定がかなりメンドウ。いっぺんに4つのスイッチを同時に押させて、2分間とか、設定完了まで20分待て、とか今ではありえない要求が多すぎる
雰囲気良く仕上がりました
低燃費走行に便利!
レビューで批判されると消して再出品、最悪!!
東京グールファン 必携
貼るときに失敗した人へ
説明不足では??
セリフが・・・
炎上
Mizunoふくらはぎサポーター
可愛くて◎
日本版金持ち父さん
滲みにくいし、水に強い!
この価格でクオリティはまずまず。案外色々な場面で使えると思います。
問い合わせメールでもできる様にして欲しいです。
非常に安い
3セット使用した感想。当たりはずれ有るようです。
馴染んで結果オーライ
マックユーザのデザイナーは注意!
思っていた以上に上質でした。
戻る