ルイス・カーンの住宅論
キンベル美術館における光の扱いや、
ソーク生物研究所の
美しい中庭が印象的な、
ルイス・カーンの住宅集。

建築論では難解な部分も多かったのですが、
この本において
彼の家に対する思想が十分に感じとることができました。

また、
ソーク生物研究所において、
ルイス・バラガンに相談を
したことは有名ですが、
そのいきさつについても書かれていたり、

ノーマン&フィッシャーによる出会いから製作過程なども
掲載されていて、
とても読み応えのある本だと思います。

彼の素材に対する思いや、
空間の構成は詩的で美しく感じます。

ルイス・カーンが好きな方にはぜひ、
お勧めしたい一冊です。
Louis I.Kahn Houses―ルイス・カーンの全住宅:1940‐1974

その他の感想

スターウォーズファンに
AT2020用
おいしさにびっくり!
店頭で買い求めるものとに差が
Android搭載型としてはgood。
事件がなければこんな映画だった。DOCUMENTARY of AKB48
写真紙の裏面、ロゴマークのいんさつについて
村上
白熱する東西の戦い
夏には暑かった!
ブリティッシュ・ロックを牽引したバンドのリーダーが語る、二つの巨大バンドの内幕に肉薄した自伝
子供は喜んでます
逆ネジ
クールです!
編集下手くそ
マイクロソフトとデーターの互換性が有れば買い得か
包装がひどかった。
画像と違います
「東京都23区推奨 ゴミ袋 45L 50枚 NKG-45」から乗換 --> 「ちょいちょい破れます」
名作!
表紙はちょっとびっくり!
おうちで一人焼き肉
ワンプッシュでホールドは簡単・便利!
いきなりゾンビワールドへトリップできる作品
理科系ボキャブラリを楽しく勉強
良いのですがー
オススメしませぬ
「そうそう」頷きなら読みたい
100年時代の到来
流石!KORG
戻る