失われた東京を求めて
 昭和30年代という、
著者の言葉を借りれば、
「東京のベルエポック」期に焦点を当てて、
小津、
成瀬の名作はもちろんのこと、
今ではあまり見られなくなった作品に描かれた懐かしい東京を、
著者の思い出を交えて語る。

 東京を舞台にした映画といっても、
ここで取り上げられるほとんどはいわゆる下町を舞台にした作品である。
そして、
華やかというより地味で慎ましい庶民の生活を描いた作品が多い。

 そのため、
いわゆる映画による東京案内の体裁を取りながら、
実は映画はいかに東京に住む庶民を描いたかに力点がおかれている。

 懐かしい東京へタイムスリップできる本である。
銀幕の東京―映画でよみがえる昭和 (中公新書)

その他の感想

独学で洋裁を学び始めた人にお薦め。
【呑兵衛キャンパー】留守中に水やりに便利
全体的に良品。
コスパ良し&柄が可愛い&品質良し
安くて良品です。
注ぎ口の大きさがもう一回り大きければ・・・
半年に50回使って誤作動はじまる中国製品
カーソルの動きに違和感
見た目は大きいです
やっぱりT-fal(*^▽^*)
電磁波にも!
西部氏の自殺を、このままスルーするつもりか?貴様ら!?
ああなんて使い心地が良いのでしょうか?
最新の会計基準の基本知識取得に最適
高音質!
季節もの
今のところ、良!
ミシンで作りたくて
能書きや結果論ではない、事実のデータがうれしい
Tetsuo  S
シンプルな教科書
若さと勢いがぐいぐい来る!
私には無理でした
商品と違うものが入っていた。
「なぜ物語は楽しいのか」を楽しめる
手軽に使用出来る。
辞書を引くように使える本
飲みやすくていい
すごい役にたちました。
普通、純正をしっかりと使ったわけではないので
戻る