使える参考書
糸球体疾患の説明が非常に豊富で、
大学の試験に大変役立ちました。

ただ、
電解質の説明は、
イラスト含め冗長な気がしました。

また、
尿細管や泌尿器疾患については、
説明が少しあっさりし過ぎてて、
他の参考書を使わざるを得ない時もありましたが、
全体的に見て良い参考書だと思います。
病気がみえる vol.8: 腎・泌尿器

その他の感想

こんなんが欲しかった★
60Lザックで横にウレタンマットを装着していても余裕の大きさ
軽くて可愛い
旧製品のほうが…
良い本です。
はかせ可愛い
普段の通学使いに
薄いのはいいが、壊れやすい。
微妙な風味?
VRは面白かったけど…
ちょうどぴったりサイズでした。
生命科学に関心のある方全てに勧めたい必見映像。
素敵な本☆
3年経っても美味しかった
Introducing the Fundamental Fysiks Group
満足できる一品
意外と変わった
耳が痛くないに感動!
パリに持っていきたい
3日、持たないで壊れました。
特に第5章がおすすめです
安いし、独学には最適かも
なにより簡単!
最強です
性能に偽りなし。
カビが・・・!
やったね
薄型で静かです
白髪染めよりも
なかなか良い描写です
戻る