幕末維新期の日本の財政を当時の貨幣と金銀相場事情から見る
 徳川幕府を倒してみたけれど、
新政府に金は無い。
日本の東と西では、
金を用いるもの銀を用いるもの、
基準も異なる。
藩はその財政難から、
御札(おふだ)の様な藩札を発行し、
更には偽金作りにさえ手を出している。

 明治新政府が、
様々な負の遺産を背負込みながら「円」を発行し、
西欧列強に「追いつこうとする国」として財政と通貨制度を整える過程を描く一冊です。

 幕末維新期はその「英雄」物語と戦闘を含む激動に目を奪われがちであるが、
極めて地味かつ困難な国家の基本を取り上げ新書にまとめたものです。

 実務は、
常に地味且つ技術的問題への格闘と「民の支持(意識)獲得競争」という側面にも光を当てた幕末維新史です。

「円」と「日銀」誕生の前史を語る読み物として適していると思います。
お金から見た幕末維新――財政破綻と円の誕生(祥伝社新書219)

その他の感想

木部のヤスリがけを行うと、よりきれいに仕上がります。
薄いです
テクニックが満載
かっこいい曲!
自分用に毎日使用してます
まさかの再販、いよいよもって最後である、そして、こちらこそありがとう。
ノリで買いました。
縮れに強い
初めてのユキツリ型は・・・
軽くて良いですね♪ ただ、タッチペンの長さが……
すっきり綺麗で、見やすく大満足!
前作同様、ビジュアルが美しい
質実剛健なイメージ
整地にハマったが最後
赤石部分がちゃっちい
使い始めたばかりですが良いと思います
思った以上に作りが良い。
古い型にも適合
ログ・ホライズン完全設定資料集
雨の日が怖い
贈り物に。
紛失したので
残念が一つ!
替え刃目的( ES9013)に買う
サックスは音楽オタク
マンネリ解消にもオススメ!
可愛いキャラ
之に限る!
適度な滑り
3倍以上楽しめる「連合宇宙艦隊」セット
戻る