幕末維新期の日本の財政を当時の貨幣と金銀相場事情から見る
 徳川幕府を倒してみたけれど、
新政府に金は無い。
日本の東と西では、
金を用いるもの銀を用いるもの、
基準も異なる。
藩はその財政難から、
御札(おふだ)の様な藩札を発行し、
更には偽金作りにさえ手を出している。

 明治新政府が、
様々な負の遺産を背負込みながら「円」を発行し、
西欧列強に「追いつこうとする国」として財政と通貨制度を整える過程を描く一冊です。

 幕末維新期はその「英雄」物語と戦闘を含む激動に目を奪われがちであるが、
極めて地味かつ困難な国家の基本を取り上げ新書にまとめたものです。

 実務は、
常に地味且つ技術的問題への格闘と「民の支持(意識)獲得競争」という側面にも光を当てた幕末維新史です。

「円」と「日銀」誕生の前史を語る読み物として適していると思います。
お金から見た幕末維新――財政破綻と円の誕生(祥伝社新書219)

その他の感想

一匹飼いなのに箱で買います
毎年買います。
やっと出てきました。
鍵をつけました
普通にうれしかった
PTの発足が決定したら
運動器のエコー観察について少し経験のある方むきです.
すぐ配送で問題なし!
CD等の音源と一緒に
とてもユニークで、使い途が広がる内容です
うさぎのかぶりものに
やっとあった。
YMOは後期も良い。
ABRと印字しているが、パッケージはGIZAのもの
反応も良く見やすい表示
9月で4歳。
釣れましたぞ!
低重心で良い
エンドオブホワイトハウスより好きです
かわいーたのしー!
「ラブラトールレトリバー」のメイキングプラスアルファと言う感じ。ぱるるがいい!
サイズが違いすぎる。
カメラの穴に合わせて上から下へ貼ると位置が合いやすい
あのころを思い出させる作品
やはり面白いあたしンち
結婚祝いに
妖怪たちを引き寄せる少年
美しい絵
シルクロード文化の総合作品が今回日本初の全訳出版
お手軽圧力鍋
戻る