アラスカの自然の素晴らしさを目で味わいながら、深い思考の末に絞り出される言葉をかみしめる、味わい深い本
 この本は1996年にヒグマに襲われて急逝した写真家・星野道夫さんの写真と言葉を再編集したシリーズ「Michio’s Northern Dreams」の第三冊目である。
英文のタイトルは“Last Eden”、
星野さんがその魅力を追い続けたアラスカの自然、
そして彼の思索の一片に触れることが出来る一冊だ。
こんなにも美しい自然が、
力強く生きる動物たちが、
我々と同じ地球上に息づいていることに、
気づかされる。

 弱肉強食に見える自然界のなかにある偶然性、
弱い者さえも包容する大きさ…星野さんの言葉は深い思考の末に絞り出される一滴の重さがある。
そして時折、
自分自身が考えつつも曖昧だった思いを的確に言葉にしてもらったような不思議な喜びを感じさせてくれる。
いい本を見付けた。
Michio's Northern Dreams (3) 最後の楽園 PHP文庫 (ほ9-3)

その他の感想

百姓が時代を創る
まろやかな口当たりの美味しいお茶です
とっても可愛らしいぬいぐるみ
流し下ストッカー
同メーカーの物より安い!
部屋の角が無駄なく使える
叔母にプレゼントをして喜ばれました。
なかなかに面白い!
洋食屋さんの話に感動!
アクション要素が追加!
ヤスリはあまり使えない…?
こぅなりました( ̄◇ ̄;)
斬新でありながら懐かしい
問題ないかと思います。
洗浄力は高い
ハイレベルでとてもオシャレです。
着け心地に個人差あり
バイオリン教本
動物いっぱい!
最高の格闘漫画なり
楽になりました。
とても具体的に書かれています
ただ、薔薇にひかれて苗を買ったけど・・・
美味しいのに配達範囲じゃないのが非常に残念です!!
すぐ壊れる。
もう少し焦点距離が長ければいいのですが
美術の基本をマスターしている人向けの人物画入門書
案ずるより産むがやすし
9番目の月
期待以下の性能
戻る