はっきり言って凄い
この作品は内面へ内面へ向かうヘッセの作風が最も色濃く出ている。
ヘッセというと『車輪の下』がどうしてもいちばん有名であるが、
この本があまり読まれていないのは残念な事である。
シッダールタが真の悟りに達するまでの過程を、
シッダールタの悩みや苦しみを含め丁寧に描いた作品である。
心理描写の良さと、
インド哲学を深く理解したうえで組み立てられた作者独自の哲学世界が味わえる、
小説としても良くまとまっている作品。
シッダールタ (新潮文庫)

その他の感想

ずっと聞きたくなるほど心にしみる曲
ファン以外はここに来ないでしょうがファンなら買い
とても素敵★いいですね!
教師・保育者・親・必読書
単純だけどいいかも
安定の良さ
これが梅干
口や目の周りの小じわが・・・
オーガニックのオールインワン
発見と驚きの一冊
今までのオルタの中で最高です
へたなソファーを買うより利口
完成すると非常に良いが、やはり〇〇製…
寝室には置かないことです
洗練された感があります。
流行りのビッグシルエット。
愛あるワイン本
マルミ社員は使ったことないのか?
黒くて、長くて、太くて、固くて、立派です
ドットが目立つが色、デザインが良い。
なるほどガウディは、すばらしい
スマートでカッコイイです
手ざわりサラサラ
ファンサービスに溢れた番外編。
使い易いサイズ
冷蔵庫にひっつけましたwww
この情報をなぜソフトの方に標準で入れてくれないのか
電源ノイズが酷い
ブックガイド的なエッセイ集
帝王切開にも
戻る