「あらすじ」に回収できない幸福な「細部」
タイトルに「ラブストーリー」と銘打たれているように、
この作品では初恋のときめきやとまどい、

ときに滑稽な空回りなどがきわめて瑞々しく描かれます。

しかし同時に、
「恋」は、
作品のなかで様々に描かれる「変化」のなかの一つの形態にすぎない、
という言い方もできます。


主人公の北白川たまこは、
小学生のころに慕っていた母を亡くして以来、

「母のいなくなった後の”日常”」を懸命に築き上げ、
維持してきました
(このあたりについては、
原作テレビシリーズ『たまこまーけっと』で触れられていますが、

 未見でも映画単体で楽しめるように配慮されています)。

だから彼女は、
いまある「日常」が「変化」していくことを恐れています。


そんな彼女が、
幼馴染みに告白されたこと、
高校3年生という、
進路を意識せざるを得ない学年になり、

周囲の友人たちが将来を考えはじめたことをきっかけに、
「変化」と向きあう姿が描かれます。

変わることと、
変わらないこと。
つねに流れつづけている時間のなかで、
本質的に「変わらない」というのはどういうことなのか。


この作品はそのような主人公・たまこの物語であると同時に、
たまこの周囲の友人たちが、

進路という「変化」にそれぞれ向きあっていく姿を丁寧に掬いとった、
群像劇の側面ももっています。

また、
たまこの暮らす商店街の人々のキャラクターも、
魅力的に描かれます。


80分ほどの上映時間にそれだけの要素を詰め込んでしまったら、
全てが中途半端になってしまいそうな感じもしますが、

この作品はそうなっていません。

それは、
それら友人や町内の人々の姿、
ちょっとした会話の断片にいたるまでが「変化」というひとつのテーマに基づいて描かれ、

それが主人公・たまこというひとりの少女の中に影響として「降り積もっていく」ような描かれ方がされているからです。


その細やかな描写は、
蛇口から滴り落ちる水が、
コップに一滴ずつたまっていく様子を連想させます。

コップが一杯になり、
水が縁から溢れだしたとき、
たまこはどうするのか。
映画「たまこラブストーリー」 [Blu-ray]

その他の感想

激落ちくんと関係無かった
一定の効果は有りそうです
735ページ!!
Handcrafted Modern
「基礎からはじめる ReadyNAS」オ◯イリー・ジャパン(違
生地が薄く、縫いも悪い!
完全に大きい!
牛乳パックっぽい
大河ドラマ
すごくかわいい! 一か月使ってみた感想。
なかなかよかったです
実は大人向け?
大沢ファンは読まない方がいいかも
娘のお気に入り!!
28cmは深さがあり、鍋がわりもなる。コーティングもけっこうもつ。
キッチリだね
使い心地は良いです。
ユーモアに
特に新しいこともなく、、、
夜間の安全性を考慮して
経営手法の解説に留まらず、 経営哲学にも踏み込んだ内容
価格相応のいいマウスです
よみやすく、わかりやすい。娘のお気に入り。
確立してきたキャラはもちろん、新たなキャラも開拓している。
後の事を考えると
かっこ良い
パリジャン
どのcrocs のDesignよりも小さく作られています
主張しすぎないところが良い
都津子
戻る