「「経済学っぽい」考え方とは?」
スキルアップを目指すビジネスパーソンを対象にしたNHKラジオ第二文化放送「ラジオビジネス塾〜35歳からのスキルアップ〜」をもとに作られた本書。
銘打つ通り、
35歳の中堅社員をターゲットにした本となっている。


しかし、
こんな人にもぜひ本書を手に取って欲しい。
「経済学ってなんか……」と思っている人、
とくに大学生〜社会人くらいの人たち。
本書は、
経済学と聞いて思い浮かぶような難しい数式は出てこない。
経済の仕組み、
そして経済学の論理、
つまり筆者のいう思考の「型」を、
ビジネスシーンで活かす方法が、
具体的な例とともに書かれた、
とても読みやすい本だ。


どうして経済学に違和感を覚えている人に読んで欲しいか。
ひとつは、
その違和感が本当に正しいものなのか簡単に確認して欲しいから。
小難しい教科書を読まなくても、
「ああ、
こんな風に考えているのね」と腑に落ちる部分があるかもしれない。
たとえ経済学の価値観が合わなくても、
敵(?)がなにを考えているのかを知ることは大事だろう。


もうひとつ、
35歳になる前に、
35歳のスキルアップを手に入れてしまってライバルに差をつけよう!……というか、
思考の「型」は、
早く身に着けて損はないと思うから。
「考える」って意外と難しい。
なにをどうすれば、
「考えている」といえるのか、
改めて考えるとよくわからない。
だからこそ、
いまのうちに本書で紹介されている経済学的な思考の「型」を身に着けるのは、
非常に有効な武器になると思う。


例えば、
MECE(Mutually Eclusive and Collectively Exhaustive)という、
物事を「重なりがないように、
もれがないように」分類する考え方。
シノドスの読者を、
MECEにわけるならば、
年代別や居住地別などだろうか。
そこからようやく「シノドスは〇〇代の読者が多いのかー。
であれば、
こういう記事を載せると広く読まれるかな?」「やはり東京からのアクセスが多い。
ここはあえて、
地方に住む読者に向けた記事をつくろう」なんて考えることができたりするかもしれない[*1]。
NHKラジオビジネス塾 思考をみがく経済学

その他の感想

ハワイ州ホノルル
とても良い商品です!
とてもよい品物です。
外国の方へのプレゼントにもいいかも
家庭用なら理想的
goronon
かゆいところに手が届いている(と思います)
コードに注意
小学5年生が、使うので
コストパフォーマンスに優れた製品
控えめに言って素晴らしい
水槽用なので防錆性を期待して購入。
私のバイブルになりそう
確かにゆるいけど、情報量は意外に少なくない
騙されました
手っ取り早くナップサック問題の解法が比較できる
WiiでGCのゲームをプレイするために。
値段の割には良いかも
猫の体重管理&おしっこの管理のために。。。
ノンフィクション「風」小説
コラムとして。
新しい著者の代表作だと思う
第三のビールの中ではよい味わい
良すぎてもう手放せません!
お値段相当では?
単にタイアップとは言えない曲のカップリングで、また達郎の歌を楽しめる
アンチが必死過ぎて笑える
普通にきれいに塗れます
ジャンボサイズのケースでもOK
アクションとリズムとディテールこそ映画の醍醐味!
戻る