ミステリマガジン2014年11月号は、ポアロの特集を組んでいます。ポアロファンは必読です!!!
 よく知られているように、
エルキュール・ポアロは、
世界中で聖書の次によく読まれているとも言われている作家、
そして、

 アガサ・クリスティーの創造したミス・マープルと並ぶ名探偵です。

 さて、
ミステリマガジン2014年11月号は、
そんなポアロの特集を組んでいます。

 先ずは、
今年日本で最終シリーズが放映されるTVドラマ「名探偵ポアロ」の紹介です。
当然、
最終作「カーテン」も放映されます。

 どのように映像化されているのか楽しみです。

 そして、
エルキュール・ポアロものの長。
短編から、
アガサ・クリスティー文庫の訳者、
解説者が各々ベスト3を選び、

 そのベスト10が発表されています。
1位、
2位、
3位は順当なのかな?ただし、
エルキュール・ポアロもの限定ですから、

 当然、
そして誰もいなくなった、
鏡は横にひび割れて、
予告殺人 等はランク・インしていません・・ここまでがグラビア・・・・。

 本文では、
先ず、
アガサ・クリスティー社公認の新作「モノグラム殺人事件」が、
10月に刊行されますが、

 その最初の部分が世界に先駆け、
翻訳、
紹介されています。

 そして、
ベストテンのもととなった関係者のベスト3が、
コメント付きで紹介されています。

 次は、
TVドラマ「名探偵ポアロ」で、
ポアロの吹き替えを担当されている熊倉一雄さんへのインタビューです・・これは結構面白いです・・。

 そして、
最大の目玉?本邦初訳の中編「グリーンショアの阿房宮」の一挙掲載です。

 ただし、
本作は「死者のあやまち」のもとになった作品で、
短編としては長すぎるので、
お蔵入りになったという経緯があったようです。

 クリスティー、
特にポアロのファンの人にはお勧めです!!!
 
ミステリマガジン 2014年 11月号 [雑誌]

その他の感想

su-pen miniとの組み合わせがいいですよ。
稲垣吾郎さんの美男ぶり✨
トーマス08ペンキトーマス
素敵なのですが・・・。
なかなかの映画ですよ
たしかにちょっとブカブカ(^^:)
この本を買った目的は、、、
改めてDVDで見ると
商品は満足、ただ少し高いかな
現代日本人にぴったりのアーユルヴェーダ入門書
自分にはとても参考になりました。
4K補正番長
全てのmodel魅力満載です。
使い勝手よかったです(^.^)
読者の想像力を邪魔しないすばらしい影絵
画質は良い!
5作目にして集大成
このお値段ですしね。
初めて交換しました!!
最初は苦いけど癖になります。
定番すぎますよね
早く見たい人はどうぞ。
整数問題の拒否反応を減らしてくれる1冊
ミュージシャン鷲崎の原点
取り替えました。
80点!
家庭用としては十分な強度です。
スノーブーツ ピンク 19cm
トラウマ回
頑張る気持ちになれる!!!!
戻る