恋愛感情の動的な分析
スタンダールと言えば、
「赤と黒」や「パルムの僧院」の著者として有名であるが、
同時に、
このような論文スタイルの著作も書いている。

内容は、
恋愛感情が動的にどのように変化していくのかを、
その発展段階に分けて、
説明したものである。
第一期における恋愛の特徴とは、
そして、
続いて生じるその反動とは何か、
そして第二期では、
などというように、
恋愛の発展と消滅が説明されている。

小説家だから、
幼稚な議論ではないかと思われるかもしれないが、
私にはむしろ逆に思われた。
このように、
恋愛に対して、
示唆に富む、
経験的な規則性を考察できるからこそ、
小説家としても、
あのように有能であったのではないかと。

スタンダールの小説を楽しんだ高校生が、
ついでにと思って、
気軽に手に取り、
読み始めたが、
その内容を本当に理解し始めるには、
かなり時間と経験が必要だった。
小説と異なり、
高校生には読みやすいとは思えないが、
決して無理ではないので、
試みていただきたい。
後々、
恋愛に苦しむときに、
必ず役に立つはずだから。
恋愛論 (新潮文庫)

その他の感想

あまり使い勝手は良くなかった
原作ファン&格ゲー好き両方に楽しめる作品
意外に良くできている
刺激が少ないのが特徴
Goodです
「黒い」「デカイ」「ゆるい」はNGワード(本文より)
がっちりまとまってます
この映画だと「ニュールンベルグ」ですが
良いですね ♪
ワンタッチ開閉式カード入れを購入
ソンバーユシャンプーとの比較
音質は進歩したの?
ある意味 色見本のような存在・・・・
スタバとかのカップが固定できる!
子どもが生まれることは、素朴で奇跡的なこと
大き目のカラビナで使いやすい
吸気量が明らかに減る
このサイズでは
想像以上に美味しい
おふくろがお気に入り
確かに風量は多いのですが……
ハンダいらずのお手軽バナナ
新しい楽しみ
美味しいジンギスカンできました!
時代に即した良い教科書
企業規模に応じた対応策
薄過ぎ…。
もう完全にネギま!
充実した内容で、価格以上の価値があったと思う。テーマに沿っており、十分な説明がなされていた。
 
戻る