特集「介護ロボット最前線」は少々バランスに欠いた内容
 福祉分野へのロボット応用はレビュー者の関心分野です。
本誌の表紙の特集1「介護ロボット最前線」の文字を見て、
内容に期待したのですが、
特集の出だしに医療介護分野で使用されるロボットの市場が10年後に20倍となるという経済産業省の推計を安易に引用していること(過去のロボットに関する将来推計とその実際を知っていればこのような安易な書き出しはできません)、
事例紹介として監修者の研究するcurara(本号の表紙)が最初に2ページにわたって解説されているのに対して、
様々な実績を積んでISOの認証も得ているHALは後方に0.5ページほどで申し訳程度に紹介されていること、
「介護ロボット」と題しながら内容は装着型の動作補助機構を中心にまとめたものであること、
先進的な取り組みをしている兵庫県立リハビリテーション中央病院のロボットリハビリテーションセンターについて触れられていないことなど、
特集として客観性に乏しいバランスに欠いたものといわざるを得ません。
なお、
「介護ロボットの展望と課題」に記載された制度上の問題など、
多くの読者に知って欲しいこともあり、
この記載があることはレビュー者にとって救いになりました。

 特集2の「V-Sido OS / V-Sido CONNECT 徹底解説! ロボットを実際に動かそう」は様々な事例紹介、
V-Sido について開発者向けの電子書籍の刊行や今後の製品の提供についても触れられ、
とても興味深い特集です。
(V-Sido については開発者の吉崎航氏による解説記事が連載された『ロボコンマガジン』(2011.9~2012.1)も参照して欲しい旨、
注記されています。

 特設「あれもこれもぜ~んぶ3Dプリンタ!」ではパーソナル3Dプリンタ最新動向が100万円未満のパーソナル3Dプリンタカタログと一緒に紹介されて参考となり、
それに続く解説記事も楽しめました。

 特別付録として毎年1月号恒例の『ロボマガ卓上カレンダー』が付き、
「今月の主なイベント」が記載されていることからロボット関係のイベントに関心のある方に参考となります。
ROBOCON Magazine (ロボコンマガジン) 2015年 01月号 [雑誌]

その他の感想

洗濯機 排水ホースの補修に
3ヶ月なんて、もちません・・・。
子どもの部屋に初めてのテレビ
冷えとり
面白かった
あくまでテーブルスタンドとしての用途向きです
ベースには向かない
なぜ日本の大手チェーンは駄目になった
商品説明はキッチリ読まないとだめね
質感いいですね。
ようやく繋がる百目鬼と矢代。彼等とその周りの人間の思惑が渦巻く5巻です。
久しぶりのドラクエ
あきまへんで
理想的な名演奏の記録
かなりな内容!
名詞にまつわる問題のわかりやすい解説書
ACミラン布製タグキーホルダーの購入後のコメント
状況に合わせて
現存する数少ない良質の受験参考書であり、大多数の受験生に最適!昔、こんな参考書で勉強していたらどんなに効率が上がっただろう?
着心地はいいし、涼しいです。Mは小さく、Lは腕にしわが出る。
魔術師たちのトレーディングと人生
デジラチェ
びちゃびちゃになります
いい!(’▽`)
ちょっとダレてきてるかも
重宝しております
折れ曲がり過ぎて使える物は無かった
二個目をAmazonで購入しました☆
ケーススタディーで学ぶ「本質に迫るための読書術」
マジック初心者にも使いやすい
戻る