ジャーナリズムのあり方として、本書が生まれた背景も一緒に知ってほしい
本書の内容自体は、
ヒバクシャからのインタビューに基づき、
その体験を記したもので、
他の原爆に関する書籍と比べても特別優れているものでは無いと思います。


しかしながら、
本書において特筆すべきは、


1)原爆を落とした国の人間が、
原爆は戦争の早期解決の糸口となったというような米国側の主張抜きに、
淡々と事実や体験を記載したこと。

2)日本ではGHQによるプレスコードがしかれ、
ヒバクシャという言葉はおろか、
原爆の事実すら詳細に伝えられていない状況で、
米国の雑誌NewYokerは一冊まるごと本稿の記載にあて(本書はそれを書籍化したもの)かつ、
即日売り切れるくらいの大きな反響を呼んだものであったこと。


だと思います。

従って、
当時の状況、
本書や元となったNew Yokerの影響、
そして、
著者のJohn Herseyの功績を知った上で本書を読むと、
ジャーナリズムのあり方を考える上で非常に興味深いものとなると思います。
Hiroshima

その他の感想

結構愛嬌あります。
素晴らしすぎて、もう何も言えず、でも言いたい。
旅立ちの日に 大ヒットの予感!
ピンフ
なつかしいけど、新鮮!
色とカタチがステキ!
形がいいだけに、塗装等々で残念感が増幅され・・・(以下略)
月鬼ノ組シノア分隊、戦場へ。
名文句と仕草が全く反対です。
機嫌よく・・・
容器弱すぎ
「悲劇」の国際政治
心理学的視点と生物学的視点のバランスがとれた良書
あくまでお風呂用
プロの作家を名乗るには、まだ未熟かと思います。
押し売りでも提案でもない売り方
地球科学の入門におすすめです
内野手出身の安藤さんが監修ということもあり
T-G
BABYMETALの英国レディングフェス記事がうれしい
ごめん、私は幕内先生の本読んで作った食事で育ったのに乳がんになっちゃったよ☆
OTG規格のAndroidで活躍
それなりに良いと思います
女性用です。
たくさんのレシピにわくわくしました♪
研究レベルで購入しました。よい感じです。
英語で学ぶための入門書
本書と出会ったことで不足部分を補強することができた
バンド!
価格のわりに良い
戻る